柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

はっけよい

    小学3年と4年の時の担任は ベテランの女性の先生だった
    体育や理科はちょっと苦手分野なのかな と子ども心にも感じていた   
  薔薇-1
    国語が得意だったようで 毎朝の朝礼の時には漢字の小テストが行われた
    10題ある漢字のテストは1問1点の10点満点
    その点数に応じて 壁に貼られた大相撲の番付表の名札が毎日入れ替わる
  薔薇-2
    私に対してとても厳しかった母は 毎晩の漢字の練習を強要した
    毎週土曜日の午後にはお習字教室にも欠かさず通った
 
        薔薇-3
    しっかり勉強して きれいな字が書けて 花道や茶道がたしなめて
    大学を出ていれば きちんとした立派な人がお嫁にもらってくれるんだからね
    と 耳にタコができるほど言われて育った   
  薔薇-5
    子どもの自分には母の言っていることは よくわからなかったけれど
    逆らうとカミナリが落ちるので 一応 漢字の練習だけは怠らなかった
  薔薇-6
    なので 毎朝の漢字のテストは大概が満点 悪くても9点か8点を取っていた
    クラスの中で 私と もうひとりの男子が『横綱』 と 『大関』を競っていた  
  薔薇-7
    その男子はいわゆる ほかの学科もオールマイティーな秀才タイプ
    でも 漢字テストだけは私のほうが『横綱』の回数を圧倒的に上回った
  薔薇-9
    母とは大人になっても どうしても対等に話せる間柄にはならなかったし
    母の強く望んだ『良妻賢母』にはなれないまま お別れしてしまった
  薔薇-10
    仲良し母娘とは到底いいがたい関係だったけれど
    漢字をちゃんと覚えること と 文字をきちんと丁寧に書くことを
    口うるさいほどに言ってくれた母には 今となっては心から感謝している 
  薔薇-4
    それでも お母さん・・・  『薔薇』っていう字は未だに書けないよ
    
    

  檸檬
    『檸檬』なんて 言語道断





関連記事

Comment

NoTitle 

小学校の時、漢字のテストがあったけど、毎日ではありませんでした。きっと先生も漢字がちゃんと書ける子どもにしなければと思っていらっしゃったんでしょうね。

書道教室・・・私も行きたかったなぁ・・・私の母は「みんなと同じ字を書く必要は無い」といってどうしても書道教室には通わせてくれませんでした。あんなに頼んだのに。でも、綺麗な字が書けることは財産ですよ。私は自分に子どもができたら絶対に習わせようと思っていましたが、子どもがないままこんな歳になっちゃって(^^;)

親の心って有り難いけど難しいですね。単純じゃないなって思います・・・ってこれは私の親だけかな?
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2013.05/13 20:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

私は、醤油も書けない^^;;

大人になって解るのが、親の小言と有難み。
家のおかんも、もっと「綺麗な字」に、熱望してくれてたら^^;;(と、おかんのせいにするw)
今は、字を書く機会も減って、余計にミミズの足跡みたいな、我が字です;;キーボード、ありがとう~~
  • posted by ほんなあほな 
  • URL 
  • 2013.05/14 10:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.05/15 00:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あにももさま
書道は80歳くらいのおばあちゃん先生に習いました。
筆でのお稽古のあとに、えんぴつでの練習もあったのが
よかったのかもしれません。
友人とお母さんとの関係がうらやましかったけど
母と娘・・・ 複雑ですよね。
どこの家庭でも多少なりともあるんでしょうかねぇ。

□ほんなあほなさま
醤油、もちろん書けませんよー。
憂鬱やら魑魅魍魎にいたってはもう・・・
PCは便利ですけど、変換間違いも多々あり(-"-)
日本語って複雑ですが、漢字のつくりは興味深いですよね。

□鍵コメさま
コメントありがとうございます。
母の私への期待は尋常じゃなかったので
子ども時代はかなり重かったし、窮屈でした。
グレてもよかったのに、それすら怖かったのです。
その反動なのか、社会に出てからは
何度も放浪の旅と転職を繰り返すダメ人間になりましたww
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2013.05/15 09:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

素敵な薔薇、そしてすごく素敵なブログ。 

コメントをありがとうございました。
私も、うんうん、そうだね。あっ私も…と思いながら柊の庵を読ませていただいています。心の声からやさしさが伝わってきて、カモミールティを飲んだ時のように、甘くやさしい気持ちが体の中に入っていきます。ときどきこうしておしゃべりが出来たら嬉しいです。仙台は今日、また信じられない寒さ。昨日は五月だぁ~と窓を全開にしたのですが、今日はプルプルしています。庭のつる薔薇は移植で小さくなり、しかもまだようやく葉が出てきたところです。素敵な薔薇、拝見出来てうれしいです。あっはっけよい、私もさせられました。漢字は大好きになりましたが、字は上手になれませんでした。母が達筆すぎたせいだと、思っています。玉能。
  • posted by 玉能です。 
  • URL 
  • 2013.05/15 12:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

女相撲は横綱でしたw 

こんばんはー。
番付争いありましたねー懐かしい(*´∀`)
良妻賢母には程遠すぎる反面教師です(笑)
PCの変換頼りで簡単な漢字すら書けなくなってきました。
達筆でうらやまです。丸文字もうやめたいヽ(´Д`;)ノ
  • posted by もちこ 
  • URL 
  • 2013.05/15 22:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ2。 

□玉能さま
こちらこそ、拙ブログにコメントありがとうございました。
余りある心に沁みるお褒めの言葉の数々は
嬉しくて、そして面はゆくて・・・
外出先から何度も読み返しては
ひとり勝手にほくそ笑んでいました。
今日は久方ぶりの有休で、終日外出しておりましたが
ブログを初めてよかった、と思える嬉しい出来事がありましたので
そのうちに記事をアップしたいと思っております。
これに懲りずに、また覗いてくださったら幸いに思います。

□もちこさま
えぇぇーマジ!? 女相撲は初耳w
番付争い、一度「横綱」になってしまうと
負けず嫌いに火が付いてしまって、結果、母の思う壺でww
ほんと、日常的な単語すら書けないです(-"-)
私の字は尖っていて「気の強さ」がもろに出ているので
もちこさんの柔らかな女性らしい文字、うらやましい。
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2013.05/15 23:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんにちは 

いろんな花がいっぱいですねぇ~。
花の名前って難しい漢字が多そうだから書けないなぁ~(笑)
  • posted by よしお 
  • URL 
  • 2013.05/16 14:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.05/16 15:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ3。 

□よしおさま
花や樹木の名前は難しいですよね。
旅先で街や村、小路の名前も読めなくて
笑われたことがありますよ。

□鍵コメさま
こちらこそ、ありがとうございました。
あー、この方とは気が合いそうだなって
直感的に勝手に思っていたことが
当たってうれしかったです。
こちらこそ、ボクちんとセットで
末永くよろしくお願いしますね。
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2013.05/16 20:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中