柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

干し柿と奈良漬け

  
  先週末の雪は一週間たっても溶けきれないくらい降ったようだ。

残雪

  ところどろこに残る足跡は向こうに見える白いお家のお嬢ちゃんかな。

餅-2

  この日曜日もやっぱり寒くて、友人が年末に送ってくれた
  厚さ3センチはあろうかと思われる、お姑さま作のお餅を
  飽きもせず、またもカレーチーズフォンデュでいただく。
   
餡子-crop
 
  こちらは、中に餡子が包んであって甘さ控えめで絶品。
  トースターで数分焼くだけで、伸びること伸びること。
  毎年2種類のお餅を送ってくださるが
  どちらも市販のものとは比べものにならないくらいな美味しさ。

奈良漬け

  そして毎年一月、実家に帰ると待っている干し柿と奈良漬け。
  昨年の8月16日 の日記にも書いたが、どちらも岐阜に住む伯母の手作り。
  
  その年ごとに若干、塩味や甘味が強かったりするのは手作りならでは。
  去年のお正月にいただいた奈良漬けはちょっとしょっぱかったかな。
  
KIRIN
  
  今年いただいたものは昨夏の猛暑の影響なのか、瓜は小さ目だけども
  漬かり加減はいい塩梅で、これだけでもお酒が進むこと進むこと。
  
  父の故郷は土壌がそれほど豊かなわけではない、と
  子供の頃に聞いた記憶があるが、そんな環境でも
  こうして毎年いろいろ送ってくださるのは、ありがたいこと。



 
  伯母さん、体に気をつけて長生きしてね。




  【今日の余談】

セリ

  既出のお餅でお雑煮を作ろうと年末に買ったセリが
  ビックリするくらい高くてシャクにさわったので
  これは元は取らねば! と、根っこを土に植えたら葉がでてきた。
  これってこのまま放置しててもどんどん伸びるのだろうか。

べろ出し
 
  おばちゃんがベランダでセリの根っこにちまちま水を与えながら
  2013年、いかに節約生活するか思案している、そのガラス窓の向こうでは
  ボクちんがベロ出しっぱで惰眠をむさぼっている週末の穏やかなる冬の午後・・・。
  


  キミとの穏やかな日々のために今年も一生懸命働くからね。




関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。