柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

昼隠居

  毎日が日曜日
  休職生活も含めると もう3ケ月を過ぎた
  病院で処方された薬が効いているのか 職場に行ってないからか
  感情の起伏はずい分フラットになったような気がする
170122-a.jpg
  それに対人恐怖症やパニック障害とは違うので 電車も乗れるし外出もできる
  友人が拙ブログの 『 ふくろうカフェ 』 の記事をみてくれていたようで
  是非連れて行ってほしいとお誘いがあったので 喜び勇んでお供した
  その前に神楽坂の夜は魚料理が自慢の居酒屋でお昼ご飯
  少しずついろんな小鉢がついていて カメラに入りきらなかったほど
170122-b.jpg
  4カ月ぶりの再訪
  平日の月曜日なら空いているかと思って予約したらば まさかの満席
  前回はワタクシたち以外はおひとりさまばかりだったのに
  この日のお客さんは全員二人組
170122-c.jpg
  まずは ふくろうさんを出してもらう前に飲み物を決めて
  それから 手を消毒して そして気に入ったコをご指名する という順番
  30羽くらいいるなかから一羽を選ぶのは 目移りしちゃってもう大変!
  あのコにしようかな! あっ! やっぱりこのコにする! 決めた!
  品が良くて普段落ち着いている姿からは想像できない友人のテンション
170122-d.jpg
  やっとのことで選んだのは 小型のジョップリンくん
  この小ささでもう大人なので これ以上大きくならない種類なのだとか
  性格は結構ワガママで こちょこちょする場所が違うと 「そこじゃないっ!」
  って そっぽ向いちゃうんだけど そこが可愛いとメロメロの友人
170122-e.jpg
  そして 10分もするとジョップリンくんのツボを押さえた友人
  まったり落ち着いてきたかと思ったら 突然 目を見開いて嘴をひし形に開けた
  ジョップリンさまのご機嫌をそこねてしまったのかと焦って
  お店の方に伺ったら 気持ち良くて眠くなると口をあけるのだと教えてくださった
170122-g.jpg
  ワタクシは前回 とりこになっちゃったケイトちゃんと感動(?)の再会
  あれ以来 フクロウの生態や性格にとても興味がわいていろいろ調べてみた
  フクロウは視野が狭い代わりに 首が270度もまわる
  視力も聴力もすごくいいので 上の写真のように気になる音や声がすると
  首をクルクルまわして 興味の対象の物を見つける
170122-h.jpg
  そして なんと耳は左右で大きさがそれぞれ違うし
  位置も上下にずれているから
  音源の位置の方向と距離を立体的に認識できて
  雪の下にいるネズミや地上近くを移動している
  モグラやミミズまで捕れるのだとか
170122-k.jpg
  そして更に感心するのがフクロウの夫婦愛
  嫁フクロウが卵を産んで抱卵をはじめると 夫フクロウは嫁のために獲物を捕り
  その獲物を巣の近くまで運んで 鳴いて嫁に報せて渡すんですってよ奥さん!
    170122-j.jpg
      卵が雛にかえると 今度は夫婦で獲物を探しに出て
      嫁(お母さん)が雛に丁寧に餌を与え
      雛が大きくなるにつれて夫(お父さん)が捕ってくる
      獲物の量も多くなって 子は孵化からひと月で巣をでる      
170122-f.jpg
  それから 子どもたちは2~3ケ月かけてお父さんとお母さんから
  飛び方や獲物の捕り方の訓練を受けて
  誕生から半年後の秋くらいに親ばなれする
170122-n.jpg
  そして 一度つがいとなった二羽は翌年も同じ巣で子を育む場合が多いのだと
  ニンゲンよりもずっとずっと愛情深い
  自分がお腹を痛めた子を殺してしまったり
  奥さんに内緒で若いオナゴと不倫して 結果ふたりとも傷つけちゃったり
  ニンゲンが一番残酷で怖いよね・・・
170122-p.jpg
  カフェの一番奥にいる男性が指名した黒白の大型のフクロウ(ピンクの矢印)
  男性の頭に自分から乗っかっちゃった
  うつむいてるとフクロウ特有の大きな目と嘴が見えないから
  昔実家で飼っていたハチワレ猫にみえちゃった

  帰り際に好きな写真を一枚くださる といわれ迷わずこのコの写真をもらってきた
  
  ちなみにタイトルの【昼居候】は昼間寝ていて 夜に活動する
  フクロウの和名で「ひるかくろふ」と読むそうな

  ずいぶん長く生きているけれど まだまだ知らないことだらけだなぁ・・・


関連記事

Comment

NoTitle 

鳴兎さん おばんです・・・。

さて、我が家?のフクロウさん 昼まだ明るいうちから狩りに精出す・・・大概、暗くなってからの出勤のはずなんんですが・・・先先日は、洞を出て5分も絶たぬうちにネズミゲット・・・・・・。
今日は、洞で足元の色がおかしいなと良く見るとそこには、ガッチリ掴んだネズミ・・・・なかなかの名ハンターのようです・・・。
  • posted by ひげ 
  • URL 
  • 2017.01/22 19:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□ひげさま
おばんです
まれに昼から狩りにでるフクロウさんもいるようですね
真冬で獲物が少なくて お腹すかせていたのでしょうか・・・

耳の位置と大きさが違うことを知って
神様は生きるために必要なものをそれぞれに授けている
さすがだなぁ と柄にもなく思ってしまいました
ニンゲンは余計なものを持ち過ぎましたかね(笑)
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2017.01/22 20:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.01/23 12:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□鍵コメさま
その後 体調はいかがでしょうか?
今年もゆっくり焦らずいきましょうね

丹頂鶴の求愛ダンスは鶴居村で見たことあります
雪原に大きな羽を広げて舞う姿は
言葉に現せないほど美しかったです
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2017.01/23 22:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中