柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の休養⑧東北篇②

  休職生活51日目
  東北の旅2日目(11月20日)
161130-b.jpg
  健康ランドの仮眠室で5時頃に 誰かの携帯のアラームがずっと鳴っていて
  目が覚めてしまった そこからして 2日目もすでについてない・・・
  そのまま起きて身支度をして 盛岡駅へ向けて朝一番のバスに乗りこむ
161130-d.jpg
  JR盛岡駅から平泉駅まで1時間半ほどののんびり各駅停車の旅
  担当の美容師さんが9月に中尊寺を拝観してきて とてもよかった
  と おっしゃっていたので急に訪ねてみたくなったのだ
161130-c.jpg
  前日の八戸に比べたら なんとも順調に思われるかもしれないが
  実は健康ランドの廊下でぶつかりそうになった男性を避けた時に
  左側に変な体重をかけてしまったらしく 左脚の甲が痛くなってしまったのだ
  そして平泉駅からバスに乗り換えて中尊寺で降りたらば
161130-e.jpg
  まさかの本堂と金色堂まで800メートルの坂道を昇っていかなければならない
  左脚をかばいながらゆっくり歩いていたら
  一緒にバスを降りた方や後から到着した中高年の方々にどんどん抜かされ
  ひとり立ち止まり 樹齢300~400年の杉並木をため息つきながら仰ぎ見る
161130-f.jpg
  ゆるやかにカーブする坂の途中にもいくつか小さなお堂があって
  ご朱印をいただこうと売店をのぞきこむと誰もいない
  舞い散った色とりどりの落ち葉の掃き掃除をしながら
  おはようございます とさっき挨拶してくださった方と目が合う
161130-g.jpg
  あらぁ~ ごめんなさいね~ ご朱印ですか~?
  と 掃除を中断して慌ててお店に戻ってきてくださった
  いえいえ こんな朝早くから こちらこそすみません・・・
  この売店では ご朱印を書く方は常時居ないそうで
  あらかじめ書いてあるご朱印を貼っていただく
161130-h.jpg
  この日はあいにくの曇り空だったけれど
  杉やモミジの木立ちが途切れて 平泉の街が一望できるところでひと休み
161130-j.jpg
  地面が見えないほどの紅・黄・橙のモミジ
161130-i.jpg
  もう美しすぎて・・・
  拙い語彙しか持ち合わせていないのがもどかしい
161130-k.jpg
  明治42年に再建された本堂
161130-l.jpg
  平成25年に建立・安置された丈六皆金色の釈迦如来
161130-a.jpg
    左:金色堂のご朱印           右:本堂のご朱印
161130-m.jpg
161130-t.jpg
161130-n.jpg
  どこもかしこも まさに錦繍
  満開の桜の頃の俳句の季語に 「花疲れ」 ってあるけれど
  まさに鮮やかな紅葉に少し酔ったような疲れが体をつつむ
161130-o.jpg
  お昼ご飯は平泉蕎麦
  名物のわんこ蕎麦は予め2段のお膳に小さな椀に入った蕎麦が
  12個ずつ乗っていて さらには天ぷらや果物も付いていて
  食べきれそうになかったので ざる蕎麦にした
  少し太めの田舎蕎麦って感じかな
161130-p.jpg
  午後は21時過ぎに盛岡駅を発つ夜行バスまで特に予定なし
  観光案内所のお姉さんに相談するも
  途中の前沢に「牛の博物館」 花巻に「宮沢賢治記念館」があるけれど
  どちらも駅からのアクセスがあまり良くないので 盛岡駅に戻った方が良い
  と アドバイスを受けて再び盛岡駅行きの各駅停車に乗る
161130-r.jpg
  日の暮れた盛岡駅に戻っても観光名所はすべて閉館
  市内をぐるぐる廻るバス「でんでんむし号」で一周した後は
  カフェのような「おひとりさま」でも居心地良さ気な飲み屋でひとり打ち上げ
161130-s.jpg
  岩手の地ビール「ビアレン」と牛タンスモークだけでは物足りず
  レモン酎ハイとモツ煮込みのオヤジタイムに突入
 
  そして これ以上呑んだら柊庵に帰れなくなる とわずかに残っていた理性で
  無事に店を出て 駅の土産物屋で時間をつぶして 夜行バスに乗り込み
  定刻通りサラリーマンやOLが足早に行きかう早朝の東京駅に到着
  長距離バスの正確な運行に再び感動したのであった


   【 余 談 】
   中尊寺拝観の後
   わざわざ各駅列車で盛岡駅まで北上しなくても
   途中で夜行バスの停車箇所が数カ所もあったことを
   浅い眠りに落ちそうな頃に気付いたのは内緒ね・・・

  おわり。


  
関連記事

Comment

NoTitle 

最近、アルコールの類には、いっさい口をつけていないので、モツと冷えたコップに喉が鳴る・・・・。笑)

ところでおみ足の法はもう大丈夫・・・・?。
  • posted by ひげ 
  • URL 
  • 2016.12/02 15:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□ひげさま
あら 禁酒なさってるのでしょうか・・・

オンナひとり 酎ハイでモツ煮込みは
はた目から見たらドン引きですよね(笑)

左脚の甲は病院に行かなかったのですが
3日くらい前に痛みが引きました
もう寄る齢波に惨敗の旅でした (^_^;)
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2016.12/02 22:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。