柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真昼の三日月

  前回のつづき
  ペット霊園さんの玄関でワタクシの足にもたれかかる”ふぅちゃん”をなでながら
  女性の職員さんとお話ししていると ほどなく車が到着 
160910-d.jpg
  後部座席に座って手渡された骨壺を膝に乗せて
  見送ってくださる職員さん達にお礼を述べていたら
  『 あの~ もしご迷惑でなければ 犬も一緒に乗ってもいいですか?
   このコ ドライブが大好きなんです 』 と
160910-b.jpg
  思いもよらない嬉しい申し出に どうぞどうぞ! と
  ふぅちゃんに隣りに座ってもらう
  車が柊庵に向けて発車すると 半分ほど開けた窓に顔を近づけて
  初夏の風に目を細めて気持ちよさそうに景色を楽しむふぅちゃん
  そんな姿に癒されてメソメソすることなく道中をすごせて救われる想いだった  
160910-h.jpg
  柊平を荼毘に伏してくださった方が送迎もしてくださったのだけど
  あと少しで柊庵に着くという頃に その方が
  『 私 実 鳴兎さんのマンションに3、4年前にも来たことがあるんですよ 』
  と仰られたので まさか猫を飼っている方が他にもいて
  しかも同じ霊園さんにお願いしていたなんて と驚いてしまった
160910-f.jpg
  その飼い主さんも女性だったそうで 当時 女性で独り暮らしというと
  確か最上階におふたり住まわれていた
  そのうちのひとりが感じの良い方だったけど ここ2年位お見かけしない
  もしかしたら その方だったのかもしれない
  猫の鳴き声なんて一度も聞いたことがなかったから
  猫飼いはジブンひとりだけだと思っていたのに
  その猫飼いさんとお話ししたかったな・・・

160910-g.jpg
  柊平に夢の中でもいいから逢いたい と思っていたけれど
  未だに柊平の夢は一度も見ていない
  でも四十九日の数日前の明け方 眠りの浅くなった頃に
  寝ているワタクシの左側を頭の方から柊平が体をなすりつけるように歩いて
  あのなめらかな毛の感触も確かに感じたのだ
  
  『 ボク ちゃんと猫神様の元に帰ってこれたよ
   おばちゃん 6年半の間 世話になったにゃ 』

  て シュウちゃん挨拶しにきてくれたんだね・・・

160910-n.jpg
  これは余談なんだけど
  柊平の初めての月命日7月9日に奇しくも このお方 のライヴがあって
  会場にいる3名のファンと腕相撲をするっていう企画コーナーに
  なんと! このワタクシがこの3名のなかのひとり選ばれるという奇跡が起こった
  両手を使っていいとハンディをつけてくれても握力弱い女性が勝つわけもなく
  心優しき王子が勝たせてくれて
  このサイン入りトートバッグを景品にいただいてしまった
  なんでもかんでもこじつけるのもアレなんだけど
  今まで あまり運の良い人生じゃなかったのに
  これは柊平の仕業に違いない きっとそうに違いない


  柊平の話しばかりでもなんなので最近作った貧乏くさい料理画像でも
160910-j.jpg
  相変わらず清貧な暮らしをしているので
  この日買ったのは78円の大特価だった冬瓜と2割引きの地鶏  
160910-k.jpg
  ネットで調べたら 冬瓜は種以外は食べられるとのとこで
  綿は味噌汁に
  皮は薄く切ってオレンジ色のパプリカとツナ缶を汁ごと入れて炒めて卵でとじたら
  あらまあ 美味しくてビックリ! 奥さん給料日前は丸ごと冬瓜使いおススメよ♪
160910-m.jpg
  ミョウガときゅうりの浅漬けに冷奴も加えて ある日の朝ごはん
  毎朝こんなにしっかり食べてるんだけど
  11時にはお腹がグーグー鳴るのはどうしたもんだろう・・・


関連記事

Comment

NoTitle 

柊平クンが会いに来てくれたんですね。
白い光につつまれたその場面が目に浮かんで
何だか涙ぐんでしまいました...

柊平クン、あなたはホントに良い子だね!

また顔を見せてくれたら記事にして下さいな。
  • posted by Feyfey 
  • URL 
  • 2016.09/15 23:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□Feyfeyさま
コメントありがとうございます <(_ _)>

その時は夢と現実の狭間のような
本当に不思議な光景で
まさに白い光につつまれていました

その後はあらわれていないんですけどね・・・
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2016.09/16 09:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

柊平君が来てくれて良かったですね。私も「蔦がきた!」と思ったことがありました。足の間を歩いて行ったのが分かって・・・なんだかとても嬉しくて、その日から元気になった記憶があります。

それに霊園の方もわんちゃんも良い方で、辛い時の優しさには本当に慰められますよね。同じ思いをした人にしか分からない思いが通じるというか。

それにしてもすてきな朝ごはんですね~。こんなに栄養満点の朝ごはんを食べて仕事に行けたら頑張れちゃって11時にはおなかが空きますよ、きっと。いいな~。私もちょっときちんとしたごはんを食べないと。
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2016.09/17 10:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あにももさま
はい嬉しかったです♪
ふくふく丸々した柊平が来てくれたんですよ
毛並も元気だったころのようにつやっつやのサラサラでした

柊庵に着いて車を降りる時に霊園さんが
『また(ふぅちゃんに)逢いに来てやってくださいね』
っておっしゃってくださったんですよ
最後に泣かせるなよーーー!(笑)

料理はまとめ作りで3日くらい同じもの食べてるので
栄養バランス的に好いんだか悪いんだか (^_^;)
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2016.09/17 19:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.09/17 21:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□鍵コメさま
天高く馬肥ゆる秋ですね

厳しい冬に備えて美味しい大地の恵み
たくさんいただいてくださいね
深まる秋の風景 楽しみにしています

  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2016.09/17 23:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。