柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

32と64

  なんか最近は記事を更新する順番がめちゃくちゃだけど
  どうせそんなこと誰も気にしちゃいないってことにして
  この時 の記事で 後日綴ると書いた ” めっちゃ楽しみにしていたこと " を
  今さらながらにだらだらと取り留めもなく写真多目で
160515-r.jpg
  毎回 この方のライヴやイベントは暑苦しく語るので
  「 いや もういいから わかったから 」 て言われちゃいそうだけどもまた書くよ
  だってこの日は4月30日で32歳の誕生日当日のライヴだったんだもん
160515-m.jpg
  華やかなお花がいつも以上にたくさん飾られていたロビー
  ワンマンライヴ史上最多の曲数にウルウルしたりジャンプしたり
  ワタクシ実は アッパーな曲でもリズム感悪いのが恥ずかしくて
  いつも手拍子しながら直立不動で 麗しい横顔をガン見してるだけなんだけど
160515-p.jpg
  この日ばかりは 祐太朗くん やバンドメンバー それにもちろんファンのみんなの
  熱気や昂揚感がハンパなくて 年甲斐もなくはしゃいでしまった
  そしてジャンプ曲のワンコーラス目が終わった直後で右足のふくらはぎがつって
  みんながノリノリのなか ひとりしゃがみこむって どうゆうことよ・・・
  たぶんステージからは見えてなかったと思うんだけど
  こういう時ばかりは背が低くてよかったと 変なとこで安堵
     160515-s_201605171916326a2.jpg
  たしか32年前の4月30日の夜に 第一子誕生って
  ニュース速報が流れたようなおぼろげな記憶があるんだけど
  それを観て やっとさずかった赤ちゃんが無事に生まれたことに
  涙がでるほど嬉しくってたまらなかったのを昨日のことのように憶えている
160515-t.jpg
  幼い時から事あるごとにマスコミに追われたりしたから 可哀そうだったけれど
  素晴らしいご両親やまわりの方たちに支えられて 素敵な青年になった
  まさかの「歌を唄うヒト」にまでなってくれて こうしてライヴを毎回観られるなんて
  もう親戚のおばちゃんのような心境で感慨無量
  
  それにしても あの日からもう32年も経ったのかぁ・・・
  そりゃこっちも齢とって名実ともにBBAになるわけよね・・・

  そしてその一週間後
160515-g.jpg
  なんと 祐太朗くんのお父様にも逢ってきた
  現役時代のお母様や俳優をしている弟の貴大くんには逢ったことあるのに
  お父様のトモカズさんを見るのはこの日が初めて
  席は30列中のちょうど真ん中あたりの左端なのに
  舞台挨拶が始まる前から緊張するほどの舞い上がりっぷり
160515-f.jpg
  気の利く友人がもってきてくれたオペラグラスでお顔ドアップで拝見♪
  御年64歳とは思えぬダンディで品の良い姿に目がになったのは言うまでもなく
  主演の佐藤浩市さんも素敵だったけど トモカズさんのほうが若々しかったな

  それはそうと アニメに夢中な息子さん
  いったい いつ結婚するのでしょうねぇ・・・・・・・・・・・・

  ちょうどトモカズさんが32歳の時に生まれたから ダブルスコアなんだね
   
  というわけで ミウラ家ではじまり ミウラ家で終わった今年の黄金週間でした


    【 飯テロのコーナー 】
160515-c.jpg
160515-e.jpg
160515-A.jpg
      映画の前に食べたタイ料理が美味しかった!
      でもビュッフェは食べ過ぎてやばいね


     160515-h.jpg
        映画の後に気の利く友が飲んでたクリームソーダ

  64-ロクヨン- 前編
  原作は読んでいないけど 2時間がアッという間なくらい観ごたえあって
  そんなとこで終わったら あとひと月もあるのにどうしたらいいのよっ!
  てくらい後編が楽しみでしかたない
  なので 今から観る方は後編が始まる6月11日の直前に観るといいかも
  

関連記事

Comment

NoTitle 

分かります 分かります!!
その流れとドキドキ感とハッチャケモード☆

懐かしいな〜~
その時代 そういう機会に恵まれた事 そしてそうなれた自分に感謝しました(笑)

だってこういう感覚って持ちたくて持てるものじゃないでしょ? 

でも物凄くエネルギーがいるって事だけは確かです。
どうかその後のチャージもしっかりと(笑)

興奮度がしっかり伝わって来ましたよ〜~♡

それにしても 友和さん64歳なんて信じられませんね^^
  • posted by HanaDaisy 
  • URL 
  • 2016.05/19 16:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□HanaDaisyさま
ジブンがこんな齢で 若者でごったがえす街の
しかもライヴハウスに足繁く通うようになるなんて
思っても見ませんでした (^m^;)

数年前までは韓流スターやジャニーズの追っかけをして
生き生きしているお姉さま方を引き気味に見ていたのに
今やその気持ちがよーーーくわかるようになりました(笑)

トモカズさんはいい齢の重ね方をしてますよね
喝采や栄光をなげうってまで支え続けた
あのお方の内助の功が大きいのもありますよね
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2016.05/19 23:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

なかなか素敵なGWだったんですね。三浦友和って若いときから変わらず素敵ですよね。人柄がにじみ出る感じも◎脚光を浴びる立場にあっても謙虚な人って素敵だなって思っちゃいます。

クリームソーダが気になりました。そんなに緑のクリームソーダって久しぶりに見た気がします。でも、クリームが「美味しいクリーム」って感じで、これは食べたいな~♪
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2016.05/21 22:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.05/21 22:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あにももさま
オペラグラスのお陰で
トモカズさんの表情までよく見えたんですけど
若手や新人の役者さんが挨拶している時でも
気を抜かずに話しを聞いていて
拍手する際も胸までちゃんと手を上げて
心からしてるのがわかるんです

ご夫婦ふたりの心構えが
『良い時は調子にのらず
  悪い時でも落ち込まず』 だそうです
そんなご両親を小さい時から見ているから
息子さんたちも謙虚でとてもいい青年です

土曜日の有楽町のカフェはどこも混んでるんですけど
クリームソーダの喫茶店は昭和レトロな喫茶店
という感じで 空いてたから決めたんです (^m^;)
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2016.05/22 17:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。