柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクから針へ Vol.3

    今年もたのしみにしていた 『 第15回 東京国際キルトフェスティバル 』 へ
    すばらしい作品に目まいをおぼえながらも しっかりと堪能してまいりましたよ
  160128-55.jpg
    東京ドームという広い会場で 見たいブースは数あれど
    パソコンのキーボードで 「 エム・オー・エム・オー・イー 」
    と打つことすら未だにドキドキしてしまう といふ
    昔からずっと憧れ続けている あのお方のキルトを見ないことにははじまらない
  160128-a.jpg
    ドームの従業員の方もカメラ片手にいらしているくらい
    毎年 どこのブースよりも人だかりができているので
    最前列でじっくり見るためにはしばしガマン・・・
  160128-c.jpg
    「師弟のきずな」 という企画コーナー
    20年くらい前に縫った白一色のキルトなのだとか
    白は写真に撮るのがむずかしい・・・
  160128-y.jpg
    そうか・・・
    この一色のキルトは3年もの歳月をかけたんだ
    20年前といえば 当時は子育てで忙しいころだったろうに
    それにしても おふたりとも可愛い(て言っては失礼かも)しお若い
  160128-22.jpg
    そいうえば・・・ 会場内のあちらこちらで
    モモエちゃんがあーだこーだ
    モモエちゃんがどーしたのこーしたの
    といったご婦人がたの会話は幾度となく耳にしたけれども
    『 あらっ! 今から~? 』
    『 あら こんにちは~! そうなの ミウラさんの(作品)見てこようと思って~♪ 』
    という キルト教室のお仲間と思しき方たちの会話を偶然聞いて
    引退してから知り合った方たちは普通に”ミウラさん”って呼ぶんだ・・・
    て 感慨深くも羨ましく想った次第

     160128-00.jpg
       鷲沢玲子先生の新作 『 アーモンドの枝 』
  160128-11.jpg
    色の瑞々しさとパターンの組み合わせがさすがのすばらしさ

     160128-e.jpg
        大好きなお方の新作は一年かけた 『 静寂の薔薇 』
  160128-t.jpg
    紫色の薔薇は六角形に切った布を5000ピースも縫い合わせたのだとか
    (※ パネルの写真は昨年と同じ)
       160128-p.jpg
         鷲沢先生の愛弟子125名で作られた作品
  160128-w.jpg
    「百」 のサインを目ざとく見つけるわたくし
    上の写真だと 下から2列目 右から3番目が百さまのリボンですのよ
        160122-k.jpg
           キルト教室のお仲間との一枚 (※ おそらく数年前の写真かと )

  160128-33.jpg
    そしてそして
    新作はもとより 今回はどうしてもこのテディベアが見たくて行ったようなもの
    長男で歌手の祐太朗さんと次男である俳優の貴大さん
    お二人の息子さんが小さかった時に作ってあげたテディベア
    怖い夢を見て目が覚めてしまった夜中には
    ベソをかきながら このくまさんを抱いて再び眠りについたんじゃないだろうか
    なんて勝手に妄想したりなんかして・・・
    足の裏までこまやかな神経がそそがれていて 母の愛は海のごとく深し
    
    
  160128-44.jpg
    1月28日に見かけたツイッター

    マスコミの取材攻勢や隠し撮りで外出もままならなかった時に
    なにか習い事をすることをすすめてくれたのがご主人なんだとか

    嫁のことを照れ隠しであっても決して ”うちの愚妻が” とはいわないトモカズさん
    こんな素敵なことを照れもせずいえる男性と出逢ってしまったらば
    そりゃ いろんなものを引き換えにしても 白いマイクは惜しげなく置くってもんす


  160124-s.jpg
       泣きながらブログを書く飼い主をもつボクの身にもなってほしいんにゃ・・・・・


関連記事

Comment

NoTitle 

作品も素敵ですが、穏やかそうな幸せそうな写真を
見ると、「素敵に歳を重ねられたんだな~」と思います。

華やかな世界に一生暮らす人もいるけど、そんな人は
本当に一握り。一生芸能界にいられたはずなのに、
穏やかな暮らしを選んだというところに聡明さが感じ
られて、そんなところも魅力なんでしょうね。

鳴兎さんみたいに楽しみに見に来られているファンの方も多いんでしょうね。私も鳴兎さんを通して作品を見ることができて毎年楽しみです♪
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2016.01/31 00:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あにももさま
間接的にでも一年に一度だけ
お倖せそうで充実した暮らしぶりが
キルトを通して感じられるんです

普通の女の子やらおばさんに戻る
と言い放った方々は
みなさん ことごとく復帰なされましたよねww

本日は今から彼女の息子さんのライブへ行って参ります~
もうM家に癒され救われています (=^・・^=)v
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2016.01/31 07:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。