柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客より居候の多い宿

    前回のつづき ですよ

    7月6日に旅に出て 2週間がとっくに過ぎていたものの
    はじめて泊まる宿というのは 少なからず毎回緊張する
    なのに オンボロの農家に手を少し加えただけのこの宿は
    駅に迎えに来てくれた嵐山氏が ヒトに緊張を与えない風貌なのも幸いして
    宿に着いた後も なんだか懐かしい場所に帰って来たかのようにホッとした
  0712-21.jpg
    今日はお客さんが3人 (大学生の男の子2人組とワタクシ) だけだから
    晩ごはんはみんなで一緒に食べましょう ということになって
    仕事から帰宅したオーナーも交えて ジンギスカンをいただいた
     0712-8.jpg
       それにしても 7月も下旬のシーズン真っ盛りの北海道だというのに
       宿泊客が3人に対して スタッフの方が多いって
       この宿大丈夫なんだろうか・・・ という余計な心配をヨソに
       実はこの後 居候が更に増えたことは またの機会に書くことにして
  0712-20.jpg
    そして ヘルパーさんはわかるとしても 居候って一体何者なんだ
    という疑問がふつふつと沸いてきたので ジンギスカンを食べながら聞いてみた
    そしたらば
    ヘルパーはその労働に対して賃金が払われるけど
    居候は宿代を払わなくていい代わりに賃金も出ない
    だから 昼間は旅人たちと美瑛の丘めぐりや温泉に行くのも自由
    でも 人出が足りなければ駅までの送迎や食事の配膳なんかを手伝うんだ と
  0712-17.jpg
    実際 次の日は自分と居候さんたちとで近所の花畑へ出かけたんだっけ
    なんかここ好きだなぁ・・・ ここにもう少し居たいなぁ・・・
    でもあと2日で周遊券の期限が切れちゃうから帰らないといけない
    というようなことを ポロッと誰かに話したところ・・・

    JRで来る人の予約が何人か入ってるから 周遊券かどうか聞いてみて
    そのヒトの有効期限がおねえさんのより長かったら 交換してもらえばいいよ
    と 思ってもみなかったことを提案してくれた
     0712-2.jpg
       そして その翌日だったか 翌々日だったか・・・
       偶然にもワタクシが当時住んでいた県の県庁に勤めるという
       ハタチの男の子が宿に着いたので 初対面なのに不躾に聞いてみた
       すると なんと!    
  0712-19.jpg
    その好青年な県庁クンは
    7月いっぱい使える周遊券を持っている
    そのうえ
    もうすぐ夏休みが終わるから ここを最後に帰らなければならない
    というので こちらの事情を話したら 快く周遊券を交換してくれた   
  0712-22.jpg
    この宿に来てからというもの 毎日が楽しくて楽しくて
    今までこんなに笑って日々を過ごしたことがないくらい大笑いしていたのに
    もう少しここに居ていいよっ て 神様がいってくださったような
    普段は全く信心深くないのに 柄にもなくそんなことを思ってしまったほどだった

   0712-15.jpg
      今回こそは短くまとめて ウベノヒト(みーにゃんさん)登場まで
      もっていきたかったのに・・・
      また更に 駄文はつづくよ ダラダラと

   0712-23.jpg
    今回の写真は みーにゃんさんの希望で訪ねた 『 猫の額さん
    で開催されていた 『 茶柱立太さん 』 の個展
    この猫店長さんは片目のチャットくん


     【 飯 テ ロ の お 時 間 で す よ 】
  0712-0.jpg
      鎌倉観光の後 浅草まで足を伸ばしての晩ごはん
      駒形どぜうが30分待ちだというので 空腹に耐えかねて
      行き当たりばったりで入ってみた寿司屋が意外に美味しかった
      特に右上の谷中生姜と左下の海鞘(ホヤ)の塩辛がね
  0712-24.jpg
      浅草の交差点から見たスカイツリー
      こっちに住んでいるとスカイツリーなんて わざわざ見に行かないから
      ライトアップされたところは初めて見た


関連記事

Comment

NoTitle 

ホヤ? といいますと、確か・・・
海のパイナップル、とか言われてる、あの・・・?!
一度食べてみたい、と思いつつ、機会がないまま、ウン十年(笑)
  • posted by あめぶら 
  • URL 
  • 2015.07/22 13:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

旅行とは無縁だった若い頃・・・若い時分に戻って一緒に旅行しているような気持ちになりました。こういう経験を一度してみたかったな~。

それにしてもかわいいにゃんこさん達ですね!ギターの側のこうちゃんの絵もかわいいです♪にゃんこの提灯もいいな~。にゃんこ提灯をいっぱい飾った小料理屋とかしたいです(^^)

谷中ショウガっていうんですね。よく似たものを故郷の三重県では「こしょうが」と言ってミカンの酢で伸ばした味噌をつけて食べました。キンキンに冷やした茶がゆとこしょうがと生節(これはショウガと酢醤油で)があれば、幸せご飯だったものです。

夏の味ですよね。元気が出ます♪
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2015.07/22 21:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あめぶらさま
そうです そのホヤです(笑)
ワタクシもウン十年前に初めて食べたホヤは
刺身だったので苦味というかクセが強かったけど
この塩辛はまったく苦味がなくて美味しかったですよ~

冷酒をちびちびやりながら~ってのが合いそう (*^。^*)
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.07/23 19:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あにももさま
こんな駄文で 一緒に旅してる気分になってもらえて
ものすごく嬉しいなぁ

当時はまわりの友人たちから
ひとり旅するようなタイプだと思わなかった!
て驚かれたけど もともとそういう野心は持っていたし
なんかもう 何もかもがイヤになっちゃったんで
なにも怖くなかったんでしょうね~

ミカン酢
キンキンに冷やした茶がゆ
こしょうが
生節

どれもお酒に合いそうだけど 食べたことないですー
きゃー! 食べたいーーーwww

ウベノヒトは猫ちょうちんを連れて帰ったんですよ~
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.07/23 19:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんはー。
へぇ~そんなお宿が...素敵な経験でしたね~
なんかおもしろい漫画が1本描けそう!←描けませんw
ホヤ..食わず嫌いです(>_<)
  • posted by もちこ 
  • URL 
  • 2015.07/24 20:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□もちこさま
こんばんわぁぁー
ですよね
ここの近くに住んでいたら・・・
リア充だったら・・・
まったく縁もゆかりもない宿ですもんね
芥川賞作家の某氏みたいに文才があったら!←皆無www

残りの人生考えたら食わず嫌いは勿体ないっすヽ(^o^)丿
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.07/24 23:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。