柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたに逢いたくて

    4月29日から5月10日までお休みという方もおられるかもしれないけど
    一応 今日で黄金週間は終わり

    遊び疲れ 人ごみ疲れ ヒマ疲れ 仕事疲れ・・・
  0505-14.jpg    
    長い休暇の過ごし方があまり上手じゃない この国の民は
    結局 どう過ごしても疲れてしまうのかもしれない
    そんなアナタに 十数年前に訪ねた 屋久島の風景をば
  0505-17.jpg
    ちょっとその前に 屋久島とは・・・
    鹿児島県の佐多岬から約60キロ南南西へいったところに浮かぶ
    周囲130キロの島
    月のうち35日雨が降る といわれるくらい降水量が多い
  0505-15.jpg
    そして 亜熱帯でありながら 標高2000メートル近い山もあるため
    屋久杉をはじめ 苔類に至るまで豊かな自然に恵まれている
    そんなことから島の21%にあたる107.47km²が
    1993年にユネスコの世界遺産に登録された
  0505-16.jpg
    海岸を沿う道路を車で走っていると よく見かけたヤクザル
    写真は撮りそこねたけれど ヤクシカも何度も目撃した
  0505-13.jpg
    千尋(せんぴろ)の滝
  0505-10.jpg
    豊かな森のおかげで林業が盛んだったので
    伐採した木材を運搬するためにトロッコが活躍した
    昭和44年に運行は終わっているので 現在は登山道のトイレなどの
    維持管理のための物資の輸送に時々使われるだけらしい
    縄文杉に逢いにいくには 登山口からまず このトロッコの線路を
    3時間くらい歩くのだけど 枕木の間隔が広くて 歩幅の狭い自分には
    この先の山道よりも疲れたような記憶がある
  0505-1.jpg
    言わずと知れた もののけの森
  0505-4.jpg
  0505-12.jpg
  0505-11.jpg
  0505-7.jpg
    推定樹齢3000年といわれている ウィルソン株
    (名前の由来は 調査のために島を訪れたアメリカの植物学者
     アーネスト・ヘンリー・ウィルソンによる)
  0505-9.jpg
    株のなかはかなり広くて 清水が湧き出ていたり 祠が祀られている
  0505-6.jpg
    株から森を見上げる
       0505-19.jpg
         どっかからひろってきた画像で失礼
         つい去年くらいに知ったのだけれど
         株のある角度から見上げるとハート型に見えるのだとか


         歩いて 歩いて ただひたすら6時間歩いて やっと逢えた
         (↑ めずらしい花の写真を撮りながらのゆっくりペース)

       0505-21.jpg

             あなたに逢いたくて
  

    0505-0.jpg
           ニンゲンなんて ちっぽけないきものなんにゃ・・・


関連記事

Comment

NoTitle 

縄文・弥生の時代から、生きてきた杉・・・。
あなたが見てきた日本の歴史を、聞かせて下さいな、と・・・
聞けるものなら、聞いてみたいです~~~。

  • posted by あめぶら 
  • URL 
  • 2015.05/08 13:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あめぶらさま
ほんとにほんとに・・・
まさか太古の昔には 自分のまわりに囲いができて
たくさんのニンゲンから見られるだなんて
思ってもいなかったでしょうね

屋久島が美しすぎて感動して 心洗われたと思ったのに
帰ってきたら 瞬く間に毒舌腹黒に戻ってしまいましたww
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.05/08 20:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんにちは。
一度は見たい苔むす森。
一度は見たい縄文杉。
屋久島は遠いですね。
  • posted by ノリかめ 
  • URL 
  • 2015.05/09 10:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございますー。
屋久島も一度は行ってみたいところです。
ただ6時間も歩けるのか自分の体力と
それ以前に船酔いの不安が(;´д`)
食事はどんな感じですか?←花より団子でごめめ
  • posted by もちこ 
  • URL 
  • 2015.05/09 10:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□ノリかめさま
こんにちはー
ノリかめさんの撮られる苔むす森 縄文杉
島の豊かな風景を見てみたいです
遠いですけれど 南北に長いこの国ならではの
めずらしい動植物 食文化に触れあえて
貴重な体験になるかと思います

大分に帰省される時に 思い切って足を伸ばされてみては?
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.05/10 12:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□もちこさま
こんにちはー
屋久島へは鹿児島空港から飛行機ですぐだから無問題
離陸して安定してきたからシートベルトはずしたら
ほどなく着陸のアナウンスが流れるくらいの近さw
上空から見下ろす屋久島がこれまた感動的なのよ☆

今はトロッコの線路も整備されたらしく
当時よりもっと歩きやすくなったはずだし
途中途中で座り込んで菓子パンむさぼってないで
さっさと縄文杉を目指せば6時間もかからないです
さっき追い抜いて行ったヒトたち もう下山してきたねー
と暢気に歩いていたら 帰り道にとっぷり陽が暮れて
宿のご主人に本気で心配されたっけか (^_^;)

友人が料理に定評のところを探してくれたんで
食事は食べきれないくらいたくさん出してくださって
どれもこれも美味しかったです
今時季に行ったから トビウオの刺身や焼き物が
毎日出たかな?
さすがあれだけ跳ねてるから 身がしまりすぎてて
コリコリしてたww
野菜も果物も島のものだし ちょっと沖縄を感じる料理もあったかなぁ?
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.05/10 12:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

鳴兎さんのセピア色がかった写真、いーなー。旅行に行きたいって気分になります。屋久島も行ってみたいけど、その前に体力をつけなくちゃ。

この間、生クリームを超高速で20秒間混ぜたら、目が回って倒れるかと思いました。

何事にも体力が必要ですね~(^^;)
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2015.05/11 21:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あにももさま
拙い写真なのに ありがとうございます~
とっても嬉しいです
色あせた感じがネガから焼いたっていう
年月を物語ってますよね~
屋久島は上まで登らなくても
樹齢の長い大きな杉が見られるので
お父ちゃんと是非是非訪ねてみてくださいな
とーっても癒されて感動しますよ

生クリーム泡立てて どんなウマウマ作ったんだろ
若い時は毎週のようにお菓子作りしてたのに
そんな心のゆとりや時間がなくなっちゃったなぁ・・・
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.05/11 23:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。