柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あさざくら

     朝露をおびて咲く清らかな桜のことを "朝桜 " というらしいことを
     こんな齢になって初めて知る
  0406-c.jpg
     早起きは三文の徳
     今年もお寺さんの枝垂れ桜 ひとりじめ
  0406-f.jpg
     なのに・・・
     この潔い美しさを伝えられない腕とカメラ なり
  0406-e.jpg
     春の風にゆらりゆれる
     こんな可憐な花なのに その花言葉は "ごまかし"
  0406-d.jpg
     苔に散る花びらも いとおかし
  0406-j.jpg
     ふ・ふ・ふ
  0406-g.jpg
     そんなつもりじゃなかったんだよ ごめん・・・
  0406-a.jpg
     花よりだんご
     枝垂桜は 長命寺よりも道明寺っぽいかな
     と思いながらほお張る
  0406-h.jpg
     桜ばかりがもてはやされるけれど 春爛漫はそこここに
     そのへんのところは おいおい


    0406-b.jpg
          ”花冷え”のそんな日は
                猫を膝に ぼんやり物思いに耽るにかぎる

関連記事

Comment

NoTitle 

夜桜、は聞いたことありましたが・・・
あさざくら、とは、ワタシもこの歳で、初めて知りました(笑)

ちなみにワタシ、夜桜を(テレビとかで)見ると・・・
妖気というか狂気というか・・・
美しくもコワい、と感じてしまいます(汗)
桜の木の下には、死体が埋まっている・・・
と書いたのは・・・梶井基次郎でしたっけ(汗)
ううう、やめてくれぇ~~~!(涙)

  • posted by あめぶら 
  • URL 
  • 2015.04/07 13:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

朝桜ってすてきな響きですねぇ・・・私も知りませんでした。確かに、朝、出勤途上で見る桜って清々しいですもんね。桜は気をもまされるのがなんとも言えないですね。

チューリップの向こうに花桃が。花桃も好きな花の一つです。明日香村に花桃がたくさん植えてある所がありますが、周りの空気が赤くなっちゃうんじゃないかと思うくらいです。

それにしても、美味しそうな和菓子。そして、ほかほかにゃんこ。幸せ~♪
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2015.04/07 22:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あめぶらさま
夜桜はほんと妖気はんぱないですよね~
ライトアップしてないのに花びらから
何かを発してるかのような「気」をムンムン感じます

梶井基次郎 存じなかったのでググッて参りました
昔の文豪は破天荒な方が多かったように思うけど
この方もそうとうですね
そして31歳でこの世を去る といふ・・・
鬼才はなぜゆえ短命なのかな・・・
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.04/08 20:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あにももさま
この季節は素敵な響きの言葉がたくさんありますよね
異国の言葉に訳せないほどのニュアンス・・・
色気があって奥深い言の葉はなんともいいです

山梨の桃源郷は何度が訪れたことがあるけど
明日香村の花桃 想像しただけで眩暈がしそう・・・
日本情緒のあるところは色々旅してきたつもりだけれど
まだまだ知らない「日本のどこか」があるんだなぁ・・・

こちらは今日 雪が降ったんですよ
ほかほかにゃんこは今宵もおばちゃんの膝の上にどっかりww
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.04/08 20:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。