柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きんかとう

    ついこの前 年が明けたと思っていたのに もう弥生三月
    天気予報は 最高気温がひとけたの日と14度くらいまであがる日とが
    一日交替であって まさに三寒四温
  0301-b.jpg
    寒い寒いといっていたけれども 春は一歩ずつ近づいてきて
    職場のある最寄駅の構内にもひな壇が飾られて華やぎを添えている
  0301-h.jpg
    この駅の北口を出てすぐの信号を渡ったところに
    昭和レトロな佇まいの食料品店があって なんかここの雰囲気が好きで
    買う物も特にないのに つい仕事帰りに覗いてしまう
  0301-e.jpg
    そして 二月の初旬になると毎年 レトロなショーケースに並ぶ 『 金華糖 』
    江戸時代から伝わる砂糖菓子で 以前は東京にも職人さんがいらしたけど
    2006年に廃業されて 今では金沢や長崎の一部で作られているのみらしい
  0301-g.jpg
    作り方は至ってシンプルで 木型に煮溶かした砂糖を流し込んで
    食紅で色をつけているのだとか
    結婚式の引き出物に使われたり 節句祝いに飾られることが多いせいか
    モチーフが縁起の良いものが多く見受けられる
  0301-f.jpg
    お店のご主人に写真撮影の許可をもらいながら
    食べちゃうのがもったいないくらい綺麗ですね と 話しかけたら
    『 うん だからね 毎年買いに来てくれるヒトの中には
     一年間ずっと飾っておくってヒトもいるよ
     この時季になるとわざわざ遠くから買いに来るヒトも 』
  0301-d.jpg
    へぇ~ そうなんですねぇ~
    じゃあ かわいいから これとこれ いただいていきます
    『 あ そう? はいはい ねこちゃんとザクロね 』

    ほのぼのほっこり 職人さんの手仕事はあたたかくていい
    うちも来年の二月まで飾っておこうかな・・・

    そして
    スーパーやコンビニで店員さんとおしゃべりすることってないけど
    昔からがんばっているお店の方とのこんな会話もひとり暮らしには嬉しいもの

  0301-c.jpg
    梅が咲いたね
    寒い冬がもうすぐ終わるから ちゃんと食べて みんなと仲良くすごすんだよ
  


 
       【 ボクのないしょばなし 】
     0301-j.jpg
        きのう よるおそくに ごきげんでかえってきた おばちゃん
    
        しゅ~へぇ~ちゃ~~~ぁん いいこにしてた~~ぁ~?

        て キモイんにゃ・・・・・

関連記事

Comment

NoTitle 

こんばんはー。
うちの八段飾り(50年前の)お雛様は
主が不在の去年から出してないズボラ母です(>_<)
金華糖ほのぼのしますね。こけしも可愛い~
↓華もちいいな!まだ食べれてないんです~ \( ´٥` /
  • posted by もちこ 
  • URL 
  • 2015.03/01 22:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□もちこさま
こんばんはー
うちなんて実家のお雛様 もう何年も飾ってないですよ
年の離れた弟や歴代の猫たちにイタズラされて
もう笑っちゃうくらい 髪の毛とかあちこちボロッボロだし
五人囃子の和楽器とか ほとんどないっすww

華もち そろそろ落ち着くと思いますよー
きなこがきなこきなこしてて美味しかったです♡

そうそう しゃちょさん貫禄あるから年上かとおもたw
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.03/01 23:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

猫を相手に、猫なで声・・・
ある意味、正しいのではないかと思われますが、
何も知らない人が聞いたら・・・
う~ん、そんなに、キモイですかね?(涙)
  • posted by あめぶら 
  • URL 
  • 2015.03/03 09:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

金華糖、素敵ですね。初めて見ました。こんな飴細工があるなんて知りませんでした。ほのぼのと良い感じですね。舐めたら甘いんだろうな・・・もし目の前にあったら誘惑に勝てずに舐めちゃうかも(^^)

修平君、鳴兎さん、ちょっと酔ってなかった?美味しいおちゃけを飲んできたのかもしれないよ?


  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2015.03/03 15:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あめぶらさま
ねぇ~
どうして猫に対しては赤ちゃん言葉っぽく
なっちゃうんでしょうね
近所の地域猫さん達にも もれなく猫なで声で
話しかけてます♡
そばを通りかかったヒトは不気味に思っているかもw
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.03/03 23:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あにももさま
金華糖を継承してくれる方がいたらいいのですけど
こういう伝統的な文化がどんどんなくなっていくのは
寂しいですよね・・・

金華糖は砂糖と水でできてるから
そのまんま料理に使えるよ
って お店のおじさんが教えてくれたので
来年の金華糖を買うころまでとっておいて
そうしてみようかと思います

あにももさんにバレちゃった~
この日はイケメンくんの甘い唄声に酔いしれながら
おちゃけも呑んでたので (*^m^*)
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.03/03 23:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございます。
金華糖のお菓子。
子供の頃よく食べました。
鯛、亀、鶴と縁起物のが多かった気がします。
今は見かけないですね。
懐かしいです。
  • posted by ノリかめ 
  • URL 
  • 2015.03/04 06:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□ノリかめさま
こんばんは
金華糖のことを調べていたら
普通に駄菓子として食べられていた
と書いてあったのですが 本当だったんですね
たしか 大分県のご出身でしたよね?
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.03/04 23:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。