柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

le paradis

    前回のつづき

    一番見たかったキルトを最初に見てしまったので
     あとはとてつもなく広い東京ドームの中に
    何千点と展示されている作品を ただひたすら見てまわった  
  0128-c.jpg
    しょっぱなに出迎えてくれたのがこちら
  0128-b.jpg
    顔を思いっきり近づけて 目を凝らして見てたら若干めまいが・・・
  0128-t.jpg
    素晴らしいキルトばかりで紹介しきれないのが残念
    そして 帰宅して写真をパソコンに取り込んでみたらば
    案の定そのほとんどが 動物と植物のモチーフの作品
  0128-r_2015012801224601b.jpg
    すげー!
    なにこれ・・・
    すごいねー!
    えぇっ!?
    絵?!
    絵じゃないよね・・・?
    会場内をまわっている間に 友人と交わした言の葉
  0128-k.jpg
    個人的に一番圧倒された作品
    タイトルは忘れてしまったけれど羽ばたく白い鳥は 丹頂鶴 だそうな
  0128-y.jpg
    ちびっこの作品
    穢れない子どもの感性はすごいね
    おばちゃんは いつ どこに置いてきちゃったんだろうね・・・
  0128-xx.jpg
    ねーねー こういうのってどこから作りはじめるの?
    わかんない・・・
    どこで終わらせるんだろうね・・・
  0128-d.jpg
    やっぱり猫が好き
  0128-f.jpg
    作者の方が歴代飼ってらした 猫さんたち
    こんな素敵なキルトにしてもらって 愛されていたんだね・・・
  0128-g.jpg
    毎年 モノトーンな色調で猫さんの萌え萌えなキルトを出展されている
    おなじみの方の今年の作品がこれまた素晴らしかった
    友人が2回数えたらば 36にゃーいたって
   0128-z.jpg
    この般若心経もひと文字 ひと文字 縫われているという
    気絶しそう
   0128-w.jpg
    ワタクシも柊平を迎える前にはこんな白黒はちわれ猫と14年暮らしていた


      0128-00.jpg
          呼んだ・・・・・?
      
  
  
関連記事

Comment

NoTitle 

東京キルトフェスティバル、話題ですね。ポスターも毎年話題になるとか。今年のポスターはこんなですよ~ってテレビでやっていました。作者の人も出て。コンセプトの説明とかあったりして。すごい技術だなーと思いますが、本当によくよく見ると本当にめまいがしそうですね(^^;)

昔から縫い物は苦手だった私。一方、母は白い布に目一杯刺繍してカーテンを作るような人でした。どうせなら、そういうところが似たら良かったのに・・・とか思います。

かわいいにゃんこたち。こんな作品が作れたら、どんなに心が安らぐでしょうね。

お久しぶりのハチワレさん(^^)お目々がとっても印象的♡
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2015.01/29 19:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あにももさま
今年のポスターに使われた作品は
百恵ちゃんが通っているキルト教室の
鷲沢玲子先生の作品なんですよ

白い布に刺繍が施されたカーテン♪
なんてロマンチックで素敵なんでしょう!
お母様は手先が器用でらしたんですね~

お久しぶりにゃ (=^・・^=)v
覚えていてくれてうれしい~♡
おんにゃのコって気が強いでしょ?
このコもご多分にもれず気が強かったんですよ
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2015.01/30 20:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中