柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンの島へ ②

   4月からNHKではじまった朝ドラ 「花子とアン」 がおもしろくて毎朝のたのしみ

   それに触発されたかのように 「赤毛のアン」 の舞台となった
   プリンスエドワード島へ旅した時の懐かしい写真で島のことや旅の想い出を
   少しずつ書いていけたらなと思って 先月の中旬に 『アンの島へ ① 』 を
   書いた で そのうちにつづきを書こうなんて思っていたらば
   なんとひと月以上も経っているではないか・・・
  PEI-bb.jpg
   そんなこんなで 気を引き締めて 『 アンの島へ ② 』 をおくりとどけますよ

   なにから書こうかなぁ と迷ったのだけれど今回はプリンスエドワード島のことを
   よく知らない方のためにざっくり綴ってみることに

  PEI-ww.jpg
   プリンスエドワード島はカナダの東海岸 セントローレンス湾に浮かぶ
   カナダ本土と比べたらとってもとっても小さな島

   日本で例えるならば 面積は愛媛県くらい
   緯度は北海道の稚内とほぼ同じ
  PEI-hh.jpg
   なので 気候風土が北海道にとてもよく似ている
   はじめて島を訪れた7月には こうしてルピナス(ノボリフジ=昇藤)が
   そこかしこに咲き誇っていた
  PEI-ii.jpg
   こんなふうにアップダウンを繰り返す道がどこまでもまっすぐに続く風景は
   北海道の人気観光地・美瑛の丘にとてもよく似ている
  PEI-dd.jpg
   アンが 「 赤い道 」 と名付けたように島の土は鉄分を多く含む肥沃な赤土
   特産物はもちろん じゃがいも
  PEI-jj.jpg
   ワタクシの左側と後方に写る木製の不思議な形のものはロブスターを
   とるための仕掛け
   どこまでも碧く透き通る美しい海では ロブスターをはじめオイスターや
   ムール貝などが豊富にとれて島の大事な産業となっている
   ちなみにロブスター
   身はプリップリで味は濃厚で大変おいしゅうございました
  PEI-gg.jpg
   丘陵地帯に点在するパステルカラーの家々も風景の一部
   夏でも涼しいので カナダ本土やアメリカから避暑に来る人が多いけれども
   日本人の女性をわりと見かけるのは やはり名作 「 赤毛のアン 」 の
   舞台となった美しいこの島を一度は訪ねてみたいと思ったからかな

   特に カナダ本土でワーキングホリデーを終えて 日本へ帰る前に
   どこかへ立ち寄るならプリンスエドワード島がいいよ って聞いて訪れた方が
   結構多いようで ワタクシもそんな方と何人か出逢った
  PEI-ff.jpg
   日本でここまでのベストセラーになった 「赤毛のアン」は
   やっぱり村岡花子さんの翻訳が秀逸だからなんだろうな

   ちなみに 原作者のルーシー・モード・モンゴメリ女史のつけた題名は
    『 グリーン・ゲイブルズ(緑の切妻屋根)のアン 』
   このまま直訳だったら この国でここまでヒットしなかったように思う
  PEI-aaa.jpg
   アンはもちろん架空の人物なので この博物館となっている
   グリーン・ゲイブルズハウスは たしかモンゴメリの親戚の方の家だったように
   記憶しているけれど違ったっけかな・・・?
  PEI-ll.jpg
   生垣にピンクの一重のバラが咲いているのは島の雰囲気にぴったりの
   小さくてかわいらしい郵便局
   ここから日本の友人たちに絵はがきを送ったなぁ

   プリンスエドワード島についてもっとくわしく知りたい方は ⇒ こちら をば
   
   さてさて次回 『 アンの島へ ③ 』 はNHKの朝ドラで小説と
   オマージュされている場面とかいろいろ書きたいことはあるんだけれども
   そしてまた ひと月後を予定しているけれど どうなりますことやら・・・

      PEI-kk.jpg
         マルシェで買ったいちごを頬張るワタクシ(20代)

     
      0522-x.jpg
           なにか文句言いたげな猫

           ご飯はまだ一時間も先だよシューヘイさん・・・


関連記事

Comment

NoTitle 

「アンと花子」面白いみたいですね。私は忙しくてなかなか見られないのですが、職場まで10分かからないお父ちゃんは毎日楽しみにしている様子。そんでもって朝から泣いたりしているみたいです(^^;)

今日のニュースではモンゴメリーの孫娘が来日しているって言っていましたね。「孫がいるんだ~」って驚きました。

プリンスエドワード島、きっときれいなんだろうなぁ。死ぬまでに行けることがあるかなぁ・・・。
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2014.05/22 21:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あにももさま
ワタクシもお父ちゃん同様、朝から泣いていますよ
しかも化粧しながらww
土曜日の午前中に一週間分の放送をまとめて再放送してるので
録画して観るとかは? 週末も忙しいですもんね・・・

モンゴメリさんのお孫さんが今来日してるんですか!?
村岡恵理さんにもお逢いしたんだろうなぁ。

アンの島、この世とは思えないくらい
とっても美しいすてきなところですよ。
人々はあたたかくて笑顔で迎えてくれるし。
帰国してからの社会復帰がまぁ大変でしたが・・・←
定年退職してから、お父ちゃんとのーんびり
訪ねてみてくださいな。
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2014.05/23 00:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ナッキーさんアクティブやったのね。
いいな、あちこち行ってて
旅は肥しになるもんね
新幹線で行けるようになったらあたしもアンの島行くわ。
♪(´ε` )
  • posted by 7子 
  • URL 
  • 2014.05/23 20:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□7子さま
アタシねー ぜっんぜんアクティブぢゃなかよーww
スポーツ苦手だし・・・ 
旅は『行きたい!見たい!感じたい!』
て気持ちが強くてあっちこっち行けたのかも。
あと、長期のお盆休みや正月休みは
あの居心地悪い実家に居たくなかったからね(^m^)

うちらが120歳まで生きたらさぁ
その頃にはカナダと地底で結ばれるかもねん!
そしたら一緒にプリンスエドワード島に行こうねん♪
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2014.05/24 08:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございますー。
美しい・・ほんと美瑛の風景によく似てますね。
ん?てことは行かなくてもよいのか?ww
花子とアン、蓮子さんの夫役の吉田鋼太郎が
今クールのドラマに引っ張りダコの件(笑)
アニメのアンは子供の頃なぜかハマらなかったのですが
BSで再放送やってて、今見るとおもしろかった(^o^)ノ
  • posted by もちこ 
  • URL 
  • 2014.05/24 09:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□もちこさま
いやいや行ってくださいよ、海に浮かんだ美瑛にww
ロブスターまいうーだし!
嘉納ちゃんww
プロフ見てきたらスゴイ役者さんなんですね。
どうりであの憎ったらしい演技がうまいんだw
うち、BS観られないんですよ・・・
だから、世界ねこ歩きも・・・ (T^T)
よい週末を~(^o^)ノ
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2014.05/24 10:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございます。
朝ドラ、毎朝家内と見ています。
美瑛によく似た風景ですね。
孫娘二人がアンのように想像力豊かな子に育って欲しいです。
  • posted by ノリかめ 
  • URL 
  • 2014.05/24 10:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□ノリかめさま
ここだけの話し、前作と前々作の朝ドラは
世間の評判ほどハマらなかったのですが
今作は自分の思い入れが強い分、面白く感じます。
プリンスエドワード島は美瑛のきれいな所を
スポッとくり抜いたかのような島なんですよ。
食事するところもあまりなくて、観光化されすぎてなくて
バスもタクシーもないけれど、その不便さも楽しめます。

お孫さんたちの成長、楽しみでしかたないですね。
こちらは明日は夏日になる予報です。
ノリかめさん くるくるちゃん 楽しい週末をお過ごしください。
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2014.05/24 11:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。