柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そいとげる

    忘れっぽい齢になってきたので、忘れないうちに書きとめておきたいことや
    残しておきたい写真がいろいろあるのに、例によって探し物をしていたら
    押し入れから懐かしいアルバムが出てきたので、久しぶりの旅の回想録を。
  0306-9.jpg
    冬の屈斜路湖と白鳥

    ストレスからなのか、現実逃避癖、放浪癖が甚だひどかったこの頃。
    年末年始は家にいたくなかったので、摩周湖近くの常宿で年越しをした。
  0306-8.jpg
    野付半島から国後島(←たぶん)をのぞむ   
 
    北海道内をひとり旅している人は、同じようなルートをまわって
    同じような旅人宿に泊まっていることが結構あるので
    特に待ち合わせしていなくても 『あ、やっぱり今年も来てたんだね』
    というのがあいさつ代わりだったりして、一年ぶりの再会でも
    すぐに打ち解けてしまうし、知っている顔があるとなんとも安心したものだ。
  0306-7.jpg
    釧路湿原に沈む夕陽(←釧路じゃないかも・・・)

    大概、誰かしらが四駆に乗ってきていたので、昼間はちゃっかり
    そんなヒトの車に便乗して、JRではまわれないような不便なところや
    ガイドブックに載っていないような秘密の場所へ案内してもらった。
   
    なかでも、この旅で一番感動したのが「丹頂の里」として知られる 『鶴居村
    タンチョウはその生涯をただ一羽の相手と添い遂げるそうな。
    気の多い殿方、見習ったらいいですよ・・・
  0306-16.jpg
  0306-6.jpg
  0306-5.jpg
  0306-17.jpg
    冬の鶴居村は丹頂鶴の写真を撮りにくるマニアがとても多くて
    みな、何百万もするバズーカみたいなレンズのついたカメラで鶴の姿を追う。
    
    鶴を脅かさないように、声や音をたてないのは暗黙のうちの了解。
    なので、雪原には鶴の鳴く声と連続するシャッター音だけが響いている。

    そんななか、安いカメラのフィルムが自動で巻き上がる音で
    周囲のマニアックなおじさま達から冬の北海道の冷気よりも
    冷たい視線を浴びたのは、いう間でもなくこのワタクシ・・・

    そんなカメラで撮ったへたっぴな写真だけじゃアレなので
    常宿で知り合った方たちからもらった素晴らしい写真をば。
  0306-3.jpg
    『6年ぶりに凍結した2月の摩周湖』
     と、写真の裏に撮影者のメモ書きが。

  0306-2.jpg
    どなたがどこで撮ったのか、思い出せず・・・・・

  0306-11.jpg
    道東ではないけれど、美瑛のセブンスターの樹
    ※ セブンスターというタバコのCMに使われたから


    【お・ま・け】
  0306-0.jpg
     初挑戦のクロスカントリーにヘロヘロになったり
     スノーモービルや四輪バギーに乗ったり
     釧路湿原をバックに気取るワタクシ(ほぼ20年前)



関連記事

Comment

NoTitle 

そうそう、鶴やサギの仲間は、一夫一婦を通す種類が、
多いみたいですねぇ。
むしろ、おしどり夫婦の語源のおしどりのほうが、
毎年、繁殖のたびに相手を変えるそうです(笑)
面白いような、皮肉なような・・・(笑)
  • posted by あめぶら 
  • URL 
  • 2014.03/07 13:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

気が多いのは、殿方だけぢゃないよ。

ほれ
ここに材木屋が居るたい。(≖ლ≖๑ )


新幹線で北海道に行けるのはいつぢゃろ。
物産展ばっか飽きたし(笑)
  • posted by 7子 
  • URL 
  • 2014.03/07 18:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんばんはー。
徹子の部屋見ましたよ。緊張してたけど可愛かったですねw
ご両親も宇崎竜童・阿木燿子夫妻も仲良くて素敵なご夫婦だなあと。
ほんと道民の私よりいろんなとこに行かれておりますねΣ(´ω` )
  • posted by もちこ 
  • URL 
  • 2014.03/07 18:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あめぶらさま
え・・・
鳥類は一夫一婦制が多いって聞いたことありますが
おしどりさん・・・ そうでしたか・・・
「仲良し夫婦代表」てなことで、そう言われるようになったんでしょうね。

□7子さま
そんなコメント書きにくると思ってたよ ( ̄皿 ̄)
だから敢えて「殿方」としか書かなかったんだよw
新幹線で来て東京で乗り換えたら行けるたい。
今、寝台特急北斗星が人気みたいよ。
ダラりんとフルムーン旅いってらっさいな。
ま○ちゃ○母さまにも逢ってらっさいな~。

□もちこさま
こっちまで緊張して、観終わったら肩凝ってて
ドッと疲れて親戚のおばちゃん状態(^_^;)
まさかの子どもの頃の写真、びっくりで嬉しくて
もう何度も録画繰り返して観てますよ。
ヨーコさん、12月の王子のライブ観にいらしてたけど
めっちゃチャーミングでオーラ全開でした。
こんなふうに齢を重ねられたらいいけど、もう遅い・・・(マジ泣)
徹子さんの『あなた達(ファイト君にも)に逢えてほんとに嬉しい・・・』
の言葉もいろいろ感慨深くてグッときました。

この写真アップしたの、わかりやすいっしょww ^m^
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2014.03/08 10:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

鳥の羽が大好きな私としては一枚目の写真は目が♡になります(*^_^*)すてきだわ~。ニルスのように鳥の背中に乗せてもらって飛んでみたいです(夢見るおばちゃんなので)。

鶴居村も行ってみたいところの1つです。うちのお父ちゃんは北海道に20年も住んでいたのに、全然どこにも行ってないんですよ。話を聞くだけで勿体なくて、なんであちこち行っとかなかったの~?と何度も聞いてます(^^;)

クロスカントリー、苦しいけど楽しいですよねぇ!今はもうムリだけど、もうちょっと若かったらもう一度やってみたいです(^^)
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2014.03/09 21:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あにももさま
私も猫とおんなじくらい鳥が好きですよ。
子どもの頃、時期は違えどインコ、文鳥、カナリア、十姉妹・・・
短い期間だったけど、ある時期はチャボもいて
早朝から大きな声で鳴かれるので
万年寝不足状態でした(^_^;)

お父ちゃん、20年も北海道で暮らしていたんですね。
でも、そんなものかもしれないです。
函館出身の友人は道内はまったく興味ないみたいで
野付半島のトドワラの話しをしたらば
「トドワラってなに!?」 と地名すら知らないんです。
沖縄出身の同僚もしかり。
宮古島の話しをもちかけたらば、離島は行ったことない、と。

鶴居村、すごくいいところなので
いつかお父ちゃんと訪ねてみてくださいね。
釧路湿原もすばらしい所ですよ。
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2014.03/09 23:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。