柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

つなぐつながる

     過去になんども書いているのでしつこいと思われるかもしれないけれど
     拙宅の飼い猫・柊平(シュウヘイ)は4歳の時に飼い主から見放され
     保健所に持ち込まれた猫。

     そんなふうに保健所や動物愛護センターに持ち込まれた動物を引き出したり
     東北大震災で飼い主さんと離れ離れになってしまったコたちを保護して
     定期的に譲渡会を開いて、新しい飼い主さん(里親)を探す。
  1212-4.jpg
     そんな終わりのない果てしない気の遠くなるような活動をされている方たちを
     数年前から、ほんのわずかばかりではあるものの
     自分でできる範囲での応援をさせていただいている。
     そのおひとり、 ランコントレ・ミグノン の代表・友森玲子さんが
     保護動物の写真展を開かれたので見に行ってきた。
  1212-5.jpg
     写真展の会場ではこんな可愛らしいコたちがお出迎えしてくれる。
     おばちゃんがファンだった『ヨシダタダシくん』(写真上)は
     たしかトライアル中だったっけ。
     この犬ばなれしたなんとも魅力的な風貌で里親さんを魅了してるのかな。    
     なんでセンターに持ち込まれたのかわからないけれど、今度こそ倖せに、ね。
  1212-1.jpg
  1212-12.jpg

  1212-8.jpg

  1212-6.jpg


  1212-2.jpg


  1212-3.jpg

  1212-9.jpg

  1212-7.jpg



  1212-10.jpg
     卒業生たちにつづいて みんな倖せつかむんだよ。


  
       1212-11.jpg
          来年のミグノンカレンダー。
          里親さん募集中の犬・猫さんの写真に首から下は
          ほぼ日のゆーないと画伯のイラストが秀逸。
           
          眉間にシワ寄せてぶちキレそうになるあんなことやこんなことも
          机上のキミたちを見たら 『ま、いっか・・・』
          て、おばちゃん乗り越えられそうだよ。
         
          ありがと、ね。



関連記事

Comment

NoTitle 

こんにちはー。
本当に頭が下がりますね。
募金ぐらいしかお手伝いできませんが..
とにかく一匹でも多く助かってほしいのです( ´ω`°)
  • posted by もちこ 
  • URL 
  • 2013.12/15 15:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こんな風に頑張ってくれる人達がいてくれて、本当に嬉しいです。と同時に自分はなにもできてないなぁ・・・と情けない気持ちになったりするのですが。

「膿まず弛まず」って言いますけど、それが一番難しいことですよね。続けてらっしゃる方には本当に頭が下がります。

一番小さくて弱いものにしわ寄せが来るのを平気で見ているのはやだ~!
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2013.12/15 22:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□もちこさま
時間があったらお散歩ボランティアとかしたいんですけど・・・
募金とかカレンダー買うことくらいしかできないのがはがゆいです。

□あにももさま
友森さん、私よりずっと年下なんですけど
尊敬する人のベスト3に入るくらい、ほんとすごい女性なんです。
今の子供たちが大人になるころには
もっと動物たちに優しい世の中になっていると
いいなって思っています。
そのためにも私たちが少しでもなにかしたいですよね。

メール、ありがとうございました~♪
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2013.12/16 00:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中