柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いにしえ

    お彼岸の時季にいろいろ予定が入っていてお墓参りに行かれなかったので
    遅ればせながらも、母と姪にお線香をあげ、花を手向けてきた。
  1020-0.jpg
    いつも、どなたかがお地蔵様のまわりをきれいにしてくださっている。
    お寺のある界隈は川越の本丸御殿に通ずる街道のある宿場町。   
  1020-3.jpg
    そして、いにしえの昔から絶えることなく今も尚
    こんこんと豊富に湧く水に恵まれている街。
    お墓の掃除やお花の水はここから汲みいただく。
  1020-8.jpg
    お寺の近くの民家の脇にも湧き水が。
  1020-9.jpg
    綺麗な水にしか自生しないというクレソン。 
 
  1020-4.jpg
    昔ながらの風情をかもしだしている魚屋さんももちろん湧き水をひいている。
           1020-12.jpg
                上の写真の左側をアップしたのがこちら。
  1020-13.jpg
    おなじく旧川越街道沿いのお米屋さん、今も古い家屋で生活されている。
  1020-6.jpg
    立派な旧家。 維持していくのには管理や掃除がたいへんだろうな。
    ワタクシの通っていた学校にもこの旧家と同じ苗字の子が何人もいた。
  1020-7.jpg
    こちらは実家のすぐ近くの蔵のある旧家。
    確か市の文化財に指定されていたんじゃないかと思う。
    
    このお宅の右向こうに同級生が住んでいて、何度か遊びにいったことがある。
    背が高くて、明るくて、勉強もできて、頼りがいのある優しい人。
    同級生の中では早くに結婚されたと風のたよりに聞いたけど
    きっといいお母さんになったんだろうな。
    子どもたちのおやつに彼女のお母さんが用意してくれていた
    『きぬかつぎ』はこの時初めて食べて美味しくて
    その後、母親に何度かリクエストして作ってもらったんだっけ。
    

    この家の写真を撮っていたら、なんか急に彼女のことを想い出した。
    ノブエちゃんの住んでいた家は取り壊されてしまったから
    もうこの街に帰ってくることはないんだろう。

    ノブエちゃんは今、どんな街で暮らしているのかな。

     1020-1.jpg
          1020-11.jpg
               ススキとイチョウが色づくのはもう少し先。




     1020-10.jpg
       実はボク、ずっと前にこの街のとなりの街に住んでいたんにゃ・・・




関連記事

Comment

NoTitle 

そうなんですよね、大きな家を見ると・・・
広いのはいいが、誰が掃除するんじゃ?
と考えてしまいます、ワタシ(笑)
  • posted by あめぶら 
  • URL 
  • 2013.10/21 12:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

地元への暖かい眼差し、感じる記事ですね。白子の風景、本当に貴重ですね!
  • posted by zataro50 
  • URL 
  • 2013.10/21 23:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あめぶらさま
ほんとですよねー。
この大きな旧家、いつも窓ガラスがピカピカで
チリひとつ落ちてないんです。
冬は寒そうだし、嫁いだ方はさぞ大変だろうなー。
↑小さい家にしか住んだことない貧乏人のヒガミでしたw

□zataro50さま
住んでいたころはさほど思わなかったのですが
きっと齢をとった証拠ですね・・・
いつまでも壊さずに残していってほしいと思います。
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2013.10/22 20:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

おはようございますー。
ほっと和む町並みですね(*´ω`*)
私も思い出しました。
小学生の時、タエコちゃんのお誕生会におよばれして
お母上手作りのデコレーションケーキを食べた時の感動..
いまだにあの味を超えるケーキに出会ってない気がします( ゚д゚ )!
うちには天火などなかったので忘れられません。
どうしてるかな。美人さんだったなw
  • posted by もちこ 
  • URL 
  • 2013.10/23 11:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

ただいまー こんばんはー。
もうこれだけの軒数しか残っていないので
街並みとまではいかないのです。
いにしえの昔に江戸⇔川越を大名行列が
往来したのかと思うと、なんか不思議ですよね。
ワタクシの両親は電化製品に興味がなかったのか
電話、カラーテレビを置いたのも遅かったし
オーブンなんて、ケーキを焼きたくて自分で買ったくらいw
タエコちゃんとケーキの想ひ出、すてきーw
天火はもちろん憧れましたとも!
ガスだと鶏も卵もお菓子も美味しく焼けるんだそうですね。
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2013.10/23 18:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

お墓参りに行ってこられたんですね。私も「お墓に素直に入っている人じゃないな」とか思いながらでもお墓参りをするとほっとしたりします。

スイッチが入って、突然昔の友達のことを思い出すことってありますね。そんな時ってきっとその子も鳴兎さんのことを思い出していたりするんだと思うんですよね。根拠はないのですが、そう信じて疑わない私です(^^;)テレパシー的な。ほんとかな~(^^)

お友達の家で初めて食べたもので印象的だったのはミルクコーヒーでした。うちでは15歳までコーヒーは禁止だったので。私もうちで飲みたいといって騒いだけど、ついに許可されませんでした(T_T)
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2013.10/23 22:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

柊平くん、隣町に居たのですか?それはすごい縁ですねぇ!
お母様と姪御さんのお寺近辺はお写真で拝見しているとどことなく嵐山の静かな感じの雰囲気を思い出しました。
週末また台風が来てますがお気をつけてお過ごしください。
柊平くん、このごろいつものんびーりすごくリラックスしてて見てるだけで私ものび〜♫
  • posted by sakusaku 
  • URL 
  • 2013.10/24 05:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□あにももさま
お正月やお彼岸のお寺は人がたくさんいるし
お供え花もめちゃくちゃ高くなるから
最近は敢えて時期をずらしてお参りに行くんですよ。

以心伝心ってありますよね、ほんとビックリしちゃう。
ノブエちゃん、存在感のない私のことなんて覚えてるかなぁw

うちの両親もコーヒーは体に悪い!とか言って飲まなかったので
ご近所で初めてミルクコーヒーを出されて飲んだときは
この世にこんな美味しい飲み物があるんだ!
って感激して、以来コーヒー党になったんですよ。

□sakusakuさま
ボクちん、実家とお寺のある埼玉県のこの町のすぐ隣りの
東京都某区の保健所に元飼い主が持ち込んだんですよ。
自分の家から遠い区の保健所にわざわざ行くとも思えないので
居住区の保健所に持ち込んだんじゃないかなーと
勝手に想像しているだけですが・・・。

今年の台風は海水の温度の上昇が原因とかって聞きました。
ことちゃんもsakusakuさんも気を付けてくださいね。
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2013.10/24 21:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。