柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山ガール

    冬がもうそこまで忍びよろうとしている 11月の下旬に生まれたせいか
    夏が大の苦手なワタクシ
  はくば-4
    なので ゴールデンウィークやお盆に長期のお休みのある
    大手企業に出向していた15年くらい前は 休みに入ると
    さっさと荷造りをして 逃げるように避暑地へと飛んで行った
  はくば-6
    旅先はたいがい 大好きな北海道か長野県
    そして山登りを兼ねた 山旅が多かった
  はくば-2
    この どこまでも透き通った清らかな流れと 瑞々しい木立は上高地
    たしかこの写真は年賀状に使ったんじゃなかったかな
  はくば-8
    山鳥兜(ヤマトリカブト) とアルバムに書いてある
    こんなに可憐な花なのに いつだったか殺人にも使われた有毒植物   
  はくば-10
    いつまでもこの美しい上高地で のんびり過ごしていたかったけれど
    翌日は ずっと前から楽しみに計画を立てていた 白馬村へと車を走らせる
    さらにその翌日は この旅の一番の目的 白馬岳(標高 2,932m)登山へいざ
  はくば-1
    白馬大雪渓とワタクシ  
    この雪渓を越えてからが 本格的な白馬岳登山がはじまる
    ちなみに 地名の『白馬村』はハクバムラと読むが
    山岳名の『白馬岳』はシロウマダケと読む
  はくば-7
    たぶん 高嶺松虫草(タカネマツムシソウ)
  はくば-9
    もうこのあたりまで登ってくると 高山植物の写真なんて
    撮ってる余裕は皆無・・・ 口数もめっきり少なくなる
  はくば-5
    遥かむこうにそそり立つ 槍ヶ岳
  はくば-3
    いかにも登頂記念の写真のようだけど 山小屋泊まりではなく
    下山して白馬村の民宿に戻る行程だったので
    実は時間切れになってしまって 山頂には到達できず下山を余儀なくされた
    ちょっと残念な登山の想い出


  はくば-11
    ものすごく久しぶりにアルバムを開いてみたら
    高山植物の名前を図鑑でちゃんと調べて 写真の横に記してあった

    この頃はフットワークも軽かったし 持久力もあったし
    こんなふうに写真整理もマメだったんだよね
    と 誰かさんにつっこまれる前に 自分で言ってみた


    山旅の写真はまだ わんさかあるので また折をみて
    綴ってみようかな
    てか その前に押し入れの整頓をしてアルバムを見つけないと・・・



        はくば-12
          ガールってだれにゃ・・・



関連記事

Comment

 

いいなぁ
素敵ぢゃん
実はあたし山登り好きなの
母とよく登ったもんよ。
っても、近場の1時間で登れる山ばっかだけどね
いつか、大分の山に登るのが夢よー
  • posted by 7子 
  • URL 
  • 2013.07/19 18:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ほよぉ~♪
元祖山ガールさんでしたか!
白馬にも登られたのですね(*^^*)

自慢しますが、かーさんは「山は見るもの!」と固く心に決めております(笑)
ただし、スキーが大好きでしたので、白馬は毎年の様に訪れておりました…冬場限定で(^^;

お話しは少しずれますが…山の温泉は最高ですよね!泉質もバラエティーに富んでますし…
だがしかし!食べ物は海側が美味しい。。。
ここ、毎回悩む所です(^^;
  • posted by 八朔かーさん 
  • URL 
  • 2013.07/19 20:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ。 

□7子さま
7子さんも山ガールなの!? 初耳だよ。
いつか一緒に登りたいね。
足腰、だいじょぶなうちにww
屋久島の宮之浦岳、おすすめだよ(^_-)b
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2013.07/20 09:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

おへんじ2。 

□八朔かーさんさま
この時すでにガールでもなかったので
速攻でボクちんにつっこまれてますww
ワタクシもスキーで白馬は何度か行きましたよ。
八方尾根はスキー用のリフトでそこそこの高さまで
登れますので、今の時季はお花畑を見ることができますよ。
山を下りた後の温泉とビールは格別です!
あー、書いてたら行きたくなっちゃいましたが
茶色の誰かさんがいたんだ・・・・
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2013.07/20 09:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

鳴兎さんは立派な山ガールだったんですね☆柊平君、「ガール」とは鳴兎さんのことだよ。ちなみにあにももおばちゃんもまだ「ガール」です(自分で言っちゃえばいいのよ♪)

私は完全なインドア派で、憧れるけど行かないから、こんなすてきなアルバムがある鳴兎さんがうらやましいです。せいぜい河原でキャンプ張った遠い思い出しかないんですよね~(T_T)

トリカブト事件、ありました、ありました。柊平君、つい最近の事件なのよ(^_-)
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2013.07/21 09:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

□あにももさま
立派なんてとんでもないです。
旅をかねて年に一度、山に登るか登らないかのヘタレでした。
この世はなんでも、自分で言った者勝ちですよねw
ワタクシも好みのメンズの前ではガールというか乙女ですよ(*^_^*)
て言うと、『だれがオトメなんにゃっ!!』
て、茶色くて暑苦しい毛皮をまとった誰かさんの
ツッコミがもれなく付いてきますがww
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2013.07/21 20:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。