柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年。

    1994年当時 大手ゼネコンに派遣されて 一年ほど事務員をしていた
    もうすぐ契約が終わるという頃 職場の現場監督さんたちと呑みにいったのは
    たしか9月第一週目の金曜日だったかな
  715-1.jpg
    普段は車か自転車で通勤していたけれど この日はめずらしく
    職場とは違う街に わざわざ電車で出向いての飲み会だった
    みんなとしこたま呑んで 地元の駅に着いた頃 小雨が降り出した
    もうすぐ日付けが変わるというのに タクシーにも乗らずに
    文字通り千鳥足で 自宅まで20分くらいの道のりをふらふら歩いていた
  715-3.jpg
    ちょうど中間地点あたりの バス通りの信号を渡ろうとしたら
    雨の音にまぎれて 仔猫の救いを求めるようなか細い声が聞こえた
  715-2.jpg
    信号が青になり 仔猫の声のする方へ向かってみたら
    民家の花壇の植木の奥に 小さくうずくまる黒い背中が見えた
    濡れた歩道にしゃがみこんで 仔猫をさがしていたら
    サラリーマンがこちらへ一瞬 近寄って来たけれど
    不気味に思ったのか 避けるように通り過ぎて行った
  715-5.jpg
    その日の飲み会で 同僚の女の子に中身だけ渡して それを入れていた紙袋を
    なぜが空のまま捨てずに持っていたので
    逃げちゃうかな・・・ と思ったけれど いてもたってもいられなくて
    仔猫を抱き上げて紙袋に入れて また小雨のなかを歩き始めた
  715-4.jpg
    家に帰って家族になんて言われるか なんて考えていなかったのは
    きっと泥酔していたから
  715-6.jpg
    紙袋のなかで みぃみぃ鳴いていた仔猫も 部屋に入れてあげたら
    間もなくして落ち着いて カーテンに隠れるようにして眠りはじめた
    翌朝 家族が驚いたのは言うまでもない
  715-7.jpg
    いにゃばうあー くらいアタシだってできるわよっ!
    と言い出しそうな 気の強い性格は一体 誰に似たのかな?
  715-9.jpg
    真夜中の小雨のなかで鳴いていた仔猫は
    それから14年間 とある女の心の支えになり
    2008年7月15日 21時47分 猫神様の元へと戻っていった

    あの日 飲み会の予定もなくて いつも通り定時で仕事をあがって
    いつも通りの道を帰っていたならば 決して出逢うことのなかった仔猫
    
    このコのおかげで犬飼い猫飼いの知り合いも増えて
    このコが亡くなった時には メールやお花をくださって
    あの時は みんなの温かい気持ちにずいぶん救われた

  

  715-8.jpg
    拾われて2か月目くらい(生後4ヶ月ほど)のひとコマ
    当時 趣味で飾っていたドライフラワーが
    仕事から帰ると 部屋中に粉々になって散乱していた


  715-10-1.jpg
    猫を見送って ひと月たった頃 マンハッタナーズ の原画展で
    作者の久下貴史先生に 描いていただいたイラスト
    左側に写っている写真を見せて 先月亡くなったんです
    と伝えたら 親身になって猫の話しを聞いてくださり
    羽をはやして空へと昇る 猫の絵を描いてくださった




関連記事

Comment

NoTitle 

こんばんはー。
なんて可愛らしい..(´;ω;`)
犬も猫も人間も、出会いは縁だと実感しますね
イナバウワーの頃・・
↓富士丸ったら(*´`)♥
  • posted by もちこ 
  • URL 
  • 2013.07/16 19:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

□もちこさま
こんばんはー。
可愛らしい・・なんてそんなもったいない
お褒めのお言葉ありがとうございます。
気が強いのは人間も動物も♀なのは一緒ですねww
イナバウワー、すでに懐かしいヒビキ。
マオちゃんたちにはぜひ彼女の後に続いていただきたいけども
この国はプレッシャーに弱い繊細な人々が多いので
背負いすぎちゃうのも可哀相です。
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2013.07/17 20:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

以前、コメントしていただいたハチワレさん・・・かわいい子ですね。鳴兎さんの良い相棒だったのですね。

出会いは突然ですが、なんて良いものなのでしょう。なんとなくちょっと柊平君に似ていると思うのは私だけかしら。
  • posted by あにもも 
  • URL 
  • 2013.07/17 21:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

□あにももさま
お世辞にも美猫とは言い難かったコですが
人懐っこくて、訪ねてくれる友人の膝に
ちゃっかり座り込んだりしていましたよ。
ボクちんに似てますか?
・・・あ、おばちゃんの愚行を冷めた目で
ジトーっと見るところはソックリです・・・(-"-)
  • posted by 鳴兎 
  • URL 
  • 2013.07/18 20:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。