柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Archive [2016年01月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

マイクから針へ Vol.3

    今年もたのしみにしていた 『 第15回 東京国際キルトフェスティバル 』 へ    すばらしい作品に目まいをおぼえながらも しっかりと堪能してまいりましたよ      東京ドームという広い会場で 見たいブースは数あれど    パソコンのキーボードで 「 エム・オー・エム・オー・イー 」    と打つことすら未だにドキドキしてしまう といふ    昔からずっと憧れ続けている あのお方のキルトを見ないこと...

秘密の場所

     ちょっと心がささくれだっていて それがなかなか治るきざしをみせなくて     すこし休みたくなって 小さな街にふらっとやってきた       ちゃんと見つけられるかな・・・     と少し心配だったけど 細い路地を折れてすぐのところに佇んでいるその店は     意外にもすぐに辿り着いた       このあたりは都内でも人気の場所だから 古い民家は次々と取り壊されて     愛想もそっけもない無...

17歳。

     17歳といえば     かつては篠山紀信夫人であるシンシアやモリタカさんが唄ったように     セブンティーンなんてタイトルの雑誌が数十年経った今でもあるくらいに       きっと 人生の中で一番キラキラしている     まさに「青春」を謳歌している時なんだろう       部活はなにをしているの?     スポーツに汗を流しているのかな     体を動かすよりも 楽器を奏でたり 絵を描...

冬の色

    暖冬だと言われつづけていた今年の冬    新年が明けたとたんに 体がキピッと緊張する寒さになってきましたけど    みなさまいかがおすごしでしょうか    風邪なんかひいていませんか      ワタクシは10年ぶりにひどい風邪をひいて元旦から熱をだして寝込んで    次の日にはみごとに風邪のヤロウに打ち勝った    と ほくそ笑んでいたのもつかの間      年始の仕事が始まったとたんに ぶ...

普通の毎日

    今さらな感じなんだけども 12月の下旬に時間がとれなくて書けなかったことを    記録に綴っておきたいのでしばしお付き合いのほどを    (※ 写真は既出のものもあるかもですが ご勘弁を・・・)      12月26日は 飼い猫の柊平が一時預かりボランティアさんのお宅から    この庵へやってきた「大切な記念の日」    2015年で丸6年の歳月が経った      2012年12月27日は 『 ここ...

たいせつなこと

          ①ごはんを食べた後は身だしなみを整える        ②光合成        ③惰眠をむさぼる        ④時々 寝返りなんかうってみる        ⑤夢を見る      ①に戻る を日がな一日繰り返し 猫の元旦は終わる          これが正しいお正月のすごし方なんにゃ      大切なことはいつも猫が教えてくれる      【 お ま け 】         暖冬とはいいつ...

ひのえさる

      健康だけが唯一の取り柄だったのに 大晦日に仕事から帰ったらば    突然の倦怠感に襲われ ひどい咳もでるようになって    元旦の昨日はトイレと水分補給とボクちん(飼い猫の柊平)のゴハン以外は    布団にくるまってずーーーっと寝通した      熱も最高38.7度まであがって 病院へ行くにしたって    休日診療しているところを検索することも着替る気力もなかったので    ただただ寝て...

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。