柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Archive [2015年04月 ] 記事一覧

惜春譜

    前回のつづきみたいになってしまうけれども    先週の木曜日はハハのお墓参りに行ってきた    春がニガテなのは もう何度もここに綴ってきたので    聞き飽きた方もおられるかもしれない      そのニガテな理由のひとつにはハハとのこともある    ハハは頭の先からつま先まで 病気のデパートのようなヒトだったのだけれど    同時に心の病もかかえていて 特に木の芽時になるとその症状が   ...

ぼたんゆり

    あれは たしか遠い昔のこと    幼稚園の卒園式の後に 教室で先生を囲んでお別れ会をしていた時だったか      先生が突然 『 ひとりずつ なにか歌を唄ってほしい 』    と いうようなことを言われた      先生を中心に「ロ」の字型に並べた机に座っている母親と園児たちは    緊張感からか しーんと静まりかえった      一番最初の親子が断ったせいか    次の親子も またその次の親子も...

ねこあつめ

    世の中の流行りものの情報にとんと疎いことは前にも書いたけれど    この春はどんなファッションや色が人気なのか全く知らないし    スイーツ好きの間で流行っているパンケーキは    つい最近になって 友人がオーダーしたものを一口もらったのみ    その一口だけで もういいかな・・・ と思った次第      FaceBookも全く興味ないし    LINEのスタンプは無料のやつを使い回し状態だし ...

しづごころ

    吹く風は暖かくて 穏やかで 暑くもなく 寒くもなく    そんな風にただよう雲はふうわりとやさしくて                                             手鞠桜かな?    花々は一斉に謳歌しはじめて まるで 『アタシを見て きれいでしょ? 』    と 口々に囁いているかのような そんな色めきだった春                              ...

Rebirth

    今年のソメイヨシノは三月の終わりに気温が急にあがったせいで    あっという間に満開になってしまった      でもそこは桜の時季お決まりの 花冷えからの花散らしの冷たい風    これはもう 今日でかけないとあと一年後まで待たねばならない・・・    と 花吹雪舞うなか自転車をこいで近所の大きな公園まで出かけてきた       学生のころは油絵も描いていたのにね    こんな心のゆとり がほしい今...

あさざくら

     朝露をおびて咲く清らかな桜のことを "朝桜 " というらしいことを     こんな齢になって初めて知る       早起きは三文の徳     今年もお寺さんの枝垂れ桜 ひとりじめ       なのに・・・     この潔い美しさを伝えられない腕とカメラ なり       春の風にゆらりゆれる     こんな可憐な花なのに その花言葉は "ごまかし"        苔に散る花びらも いとおかし     ...

桜 2015

    毎年 この時季はいつもより少し早起きして 澄んだ空気のなか    職場までおよそ3キロの道のりを桜散歩するのが楽しみ      近所の小学校はまだ春休みで 児童のいない校庭に咲き誇る      花の命は短くて とはよく言ったもので    今朝はすでに はらはらと舞いはじめた花びら      こんなに青い空の下で桜の花を愛でられるのも今年は今日が最後    どうしてみんな足早に通り過ぎてしまうん...

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中