柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Archive [2015年02月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

袖振り合うも

    世はもはやブログブームがとっくに過ぎ     Face Book とやらが流行りはじめた2012年の夏    なにを思ったか急に書いてみたくなって始めたこのブログも早や2年半が経つ      綴られる文章や写真が好きで日参するブログはいくつかあったけれども    ブログランキングに参加しているわけでもないし 更新も気まぐれなので    当初はいわゆる「ブロ友さん」なんてできるなんて思ってもみな...

東京物語

    先週末のこと    久しぶりに ほんとうに久しぶりに押し入れの片づけをしていたら    冬の尾道を旅した時の写真が見つかった      そして毎度のごとく 片づけは中断されて 床にぺったりと座り込んで    アルバムを見ながら 懐かしさに耽ってしまうことしばし・・・      尾道というと 「転校生」や「さびしんぼう」なんかの大林宣彦監督の映画や    某宅配便のお兄さんが車の入れないこんな細い坂...

うめみづき

    なんでだか知らないけれど このところよく食べるし よく寝る    週末になると 猫の柊平に腕枕しながら羽毛布団にくるまって    ぬくぬくと9時くらいまで寝ている      そしてゆっくり朝ごはんを食べて 洗濯や片づけ物をしていると    あっという間に夕方になってしまう    そんな自堕落な生活を送っていたら いつの間にか梅が咲いていた      そうそう    職場の自分の部署では バレンタ...

春のカケラ

    仕事のある平日はたいがい5時45分ころに起きる    冬の間は陽が昇る前なので 当然外はまだ真っ暗    それでもこのところ 少しずつ夜が明けるのが早くなって      きのうの祝日と今日は日中も少し気温があがって    陽が暮れるのもおそくなってきて    咲く花や 飛ぶ鳥からも 少しずつ春を感じる今日このごろ         先月 久しぶりに実家に顔を出したら     小豆とその煮汁 それに...

花街ぶらり

    順序が逆になってるうえに もう2週間も経ってしまったけれども    『 東京国際キルトフェスティバル 』 に行く前に神楽坂をぶらり歩いてきた      にぎやかな表通りから一本路地に入っただけで    石畳と黒塀がなんともいえない風情をかもしだしている      そんな小路には猫が似合う      この猫雑貨屋さん 12時半からの開店らしくて閉まっていたのが悔やまれるけど    猫アンテナがビ...

はるどなり

    東京では元旦に初雪がちらついて以来 二度目の雪が降った    職場のある街まで走るバスの路線は 普段はさほど混まないけれど    雨や雪が降ると 普段バスを利用しないヒトたちで少し混んだりする      この日はさすがにいつも座る席が空いていなかったので    最後尾の長いシートの真ん中に座って ぼんやりと物思いに耽っていたら    ぼんやりしすぎて お気に入りの傘を忘れてきてしまった    ...

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。