柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Archive [2014年05月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

時計まわり

     ちょっとボクちん     そんな 猫on猫柄状態でだらだら寝てないで起きてくださいよ       シュウちゃん  あと3日もしたら6月だよ     なのに どうしてボクちんの毛は今もたくさん抜けるんだろうねぇ              近所の竹やぶに毎春でるタケノコの写真を撮りにいくのをうっかり忘れたり       桜や薔薇のほかにも春を届けてくれた花たちの記事を書きそびれたまま     ...

続・べつばら

      毎日の自転車通勤の折りに目を楽しませてくれた薔薇      そろそろ次の季節の扉が戸をたたきはじめた                            薔薇からタスキを渡された紫陽花はもうすでに準備万端               今日の別腹  銀座あけぼのの 「 つゆ大納言 」 と 「 青梅 」             我が家のアサガオは順調                最高気温27℃...

アンの島へ ②

   4月からNHKではじまった朝ドラ 「花子とアン」 がおもしろくて毎朝のたのしみ   それに触発されたかのように 「赤毛のアン」 の舞台となった   プリンスエドワード島へ旅した時の懐かしい写真で島のことや旅の想い出を   少しずつ書いていけたらなと思って 先月の中旬に 『アンの島へ ① 』 を   書いた で そのうちにつづきを書こうなんて思っていたらば   なんとひと月以上も経っているではないか・・・  ...

べつばら

      暖房も冷房もいらない 薫風さわやかな毎日に心も体も軽い      自分で自分の心の中が説明できない      あの鬱々とした3月はいったいなんだったんだろう        薔薇の館 壱号館        おにゃんぽ~        薔薇の館 弐号館        はじめまして イケにゃんだね        薔薇の館 参号館        また逢えたね        薔薇の館 四番館   ...

三度の飯より

     長袖のシャツでは少し汗ばむくらいの陽気だった先週のとある日     途中、住宅街で道に迷いながらも自転車を30分漕いで       日本の植物学の権威といわれた 牧野富太郎博士の記念庭園を     十数年ぶりに再訪してみた       牧野博士のことは知らない人がほとんどだと思われるが     12歳で小学校を中退しているのにもかかわらず     幼少のころから興味をもっていた植物のこと...

智惠子抄

       チエコさんはバレーボールと卓球が得意な活発で明るい少女だった     17歳の時に母親がすい臓癌で亡くなったので     家族のために高校を2年で退学せざるをえなかった       父親から 『 女は勉強なんてしなくてもいい 』 と言われ     和裁と花道と茶道を習って 22歳の若さで嫁いだ         喜怒哀楽が激しいから思ったことをすぐ口にしてしまう性分     そのうえ世話好...

夏へのトビラ

     4月は舞台を観に行ったり、九州や静岡から上京した友人に逢ったりと     出不精にしては出歩いていたのであっという間にすぎてしまった       そうだ、ハナミズキが満開の頃に慌てて旅立ってしまった     せっかちなオカンの墓も参ったんだった       そうこうしているうちに5月の連休もとうに終わって     いつの間にか一年の3分の1がすぎてしまった       年頭にたてた目標は...

イトシセツナまこ

     人ごみが苦手なのでゴールデンウィークはどこにも出かけずに     部屋の片づけや衣替え、溜まっている仕事をする予定だったけれども       大好きな 『 まこちゃんたち 』 に逢いたくて代々木上原は「SPACE8」という     ギャラリーまで 『 11年目のまこである。 』 出版記念写真展をみてきた                   まるで、まこちゃん家におじゃましたかのような空間    ...

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。