柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Archive [2014年04月 ] 記事一覧

56と30と

    初夏のような陽気とともに、まるで八重桜とバトンタッチするかのごとく    芽吹く樹木の若葉や自慢げに咲き誇る花々がまぶしい季節がやってきた      公孫樹      藤      モッコウバラ      ハナミズキ      ライラック      仔猫は3月下旬から4月中旬くらいに生まれるコが多いから    ボクちんも春生まれだとするともう10の齢を数える      ねえ、ちょっとシュウ...

7子さまを囲む宴篇

    さてさて、昼もんじゃ⇒浅草散策 とひっぱった春のオフ会@下町篇    主役の 『 7子さん 』は長旅の疲れもみせずパワフルに一回の記事に    2日分をアップしているというのに    一日の出来事をブログ記事3回に分けてお届けするところが    なんていうかね、ワタクシのノロマな亀っぷりがあからさまというか・・・      まあ、そんなことはいつもここを見にきてくださる方には    いちいち説明...

7子さま浅草に参上篇

    前回のつづき。    月島でもんじゃのお昼を食べて、次に向かった街は浅草。      ちゃんぽんとカステラの国からはるばる新幹線でやってきた 『 7子さん 』    浅草は行ったことがなくて、なんでもワタクシの 1月23日の記事 を見て    4月には是非浅草へ行ってみたい、とのことで7子さん待望の初・浅草。      もんじゃ焼き食べたばかりなのに、浅草寺前の仲見世に着くやいなや    『ア...

友、南の国より来たる

     自分のことを松嶋7子(自称:31歳)と言い張ってきかないオナゴが     昨年の7月以来、9カ月ぶりに再びTOKIOにやってきた。       7子さま参上!の図。(もちろんセンターが7子さん)     長身でスリムでいつもおしゃれでかっこいいんだなー。            お昼は 『もんじゃが食べたい』 とのリクエストに応えて下町・月島へ。     メインストリートには広くて小奇麗な店...

アンの島へ ①

    幼稚園のころ いじめられっこだった    なので いつしか幼稚園は休みがちになって    長い時では ひと月も行かなかったことがあった      そんな娘に対してかなりストレスが溜まっていたのか    育児ノイローゼ気味だったのか とうとう業を煮やし    『いじめられる方に原因があるんじゃないの!?』 と若い母親は言い放った          幼かった自分は言われた意味がわからなくて 泣くこと...

春たゆたう

                   いや・・・ なにもそんなにおどろかなくても・・・        いつもかわいいオモチャを編んでくださるCさんが      フラメンコ曽根崎心中の舞台を観た後に柊庵に立ち寄ってくださった        ボクちんと親愛のちゅー   ...

余韻

        幼稚園のソメイヨシノ        春風に舞い散る桜のなかでの入園式はすてきだろうね            八重子さん 次はあなたたちの番ですよ          近所のお寺の枝垂れ桜        早起きは三文の徳        サクラ 独り占め                      おばちゃんは たましいがぬけたまんまのはいじん で        つかいものになんないんにゃ・・・...

桜とフラメンコ

    時は遡ること300年ほど前の元禄十六年四月六日    大阪でほんとうにあった若い男女の哀しい恋のお話し。      根っから真面目で誠実で律義者の醤油屋平野屋の手代・徳兵衛は    店の主人・久右衛門に見込まれ、義理の姪と夫婦になり    跡取りになることを望まれる。      がしかし、徳兵衛にはすでに心に決めた恋仲の女性がいた。    大阪は北の新地、天満屋の女郎・お初。    そうと...

美・サイレント

                                    なにごとも てをぬいちゃいけないんにゃ・・・...

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中