柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Archive [2014年02月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

美人によわい猫

     前回の記事にも書いた拙宅でのオフ会。     ボクちん(飼い猫の柊平)目線だと、こんな感じ。       下戸なのに、いつもオフ会では呑兵衛以上にご陽気になって     場を楽しませてくれるH美嬢に抱かれる猫。       きれいなお姉さんにゃ。       いい香りがするにゃ。       天真爛漫なムードメーカーなのに、大好きなワインを飲み過ぎると     過去の想い出話しに涙する乙...

友、北の国より来たる。

   昨年の11月に 『横浜で逢った友人』 がまだ3か月しか経っていないのに   デキ嫁マイルがたくさん貯まったからと、またまた北の国から   家出人のような大荷物でやって来た。     ペットブログのブームを作ったと言っても過言ではない   人気ブロガーのおひとりの 『この方』 がファンの方たちを対象とした   パーティーを吉祥寺で催されたので、ワタクシの友人4人が参加。   もともと、このブロガー...

小説を書く人

    小学生のころ 近くの大きな団地に頭がよくて とてもチャーミングで    スヌーピーが大好きな女の子が住んでいた      どういういきさつだったのか・・・    ある日の放課後 その女の子のお家に遊びに行くことになった      女の子のご両親は なんでも 『だいがく』というところで    『ふらんすぶんがく』 というものを教えている先生なのだとかで    彼女は 『鍵っ子』 なのだという     ...

ひげ、たまる。

       これは なんにゃ・・・・・       あたらしいおやつかにゃ・・・?       かじってみるにゃ            『こらーっ!』ておこられて おばちゃんにとりあげられたにゃ         だれにゃ・・・・・       ここは ボクのおうちにゃー!       一年以上貯めたボクちんのひげがやっと、ねこひげスタンドに     ささるくらいの量になったので、この度、初お披露目。     そ...

友、遠方より来たる。

    先週の土曜日はどうしても先に延ばせない用事があって    大雪の中、でかけたことは前回書いたが。      夜じゅうしんしんと降った雪がうそのように晴れ渡った翌、日曜日。    バス停の『運休』の張り紙にがっくり肩を落としつつも    電車を3本乗り継いで、ねこ友さんに逢うためにおでかけ。      石神井公園のほど近く、オリエンタルハートさんで19日まで催されている    『ねこの雑貨に...

太郎の屋根に

     昨年の1月14日 成人の日。     降りだした雪を不思議そうにじっと眺めていたのに       そこは猫、一年経つとすっかり忘れてしまうのか     はらはら舞い落ちる雪をまるで初めて見るもののように     首を上から下へと繰り返し動かすボクちん。       そんな10年ぶりの大雪の中、どうしても出かけなければならない     用事があったので人っ子ひとり歩いていない遊歩道の新雪に...

声と爪。

    人工多能性幹細胞(iPS細胞)を超えるかもしれないらしい    万能細胞「刺激惹起性多能性獲得細胞(STAP細胞)」という    なんて読むんだがさっぱりちんぷんかんぷんなものを発見したのが    30歳の女性だというのをニュースで観て驚いた。      そして、その女性のかわいらしいことに更に驚いた。    ご自身の研究の成果を説明する声も話し方も    かわいくて穏やかで聞きやすいでは...

春遠からじ

    この週末は桜の咲く頃を想わせるような、とても穏やかで暖かだった。      花屋の店先もすっかり春のよそおい。    2014年が明けておめでとうー、なんて挨拶を交わしていたのに    早いものでもう2月、今日は節分。      節分て、2月だけにかかわらず季節の変わり目である    「立春、立夏、立秋、立冬」のことをいうのだとか。      年末に富士山の麓の街から届いたお餅が残り少なく...

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。