柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Archive [2013年10月 ] 記事一覧

ハロウィンパーティー

    いつもよりおいしいオヤツくれにゃいとみんなでイタズラするにゃ。    大盛りでよろしくなんだわん。Personalize funny videos and birthday eCards at JibJab!     携帯やスマホからご覧になる方は ⇒ こちら をクリックしてみてください。     それでもご覧になれない方は、ごめんなさい。     ☆友情出演(昨年のクリスマスの時のメンバー。←久々に観てやっぱり爆笑)     北の国の御曹司・白...

猫町谷中 2013の弐

     『前回』 のつづき。     日中はさすがの『猫町・谷中(ヤナカ)』 といえども     なかなか猫さんに遭遇することは難しかったけれども     初めて谷中霊園に足を踏み込んでみたらば・・・・・           この長毛モフ子さんを筆頭に次々わらわらと猫、現る。         茶シロさん。顔つきと体格からすると、男の子かな。       蒼い瞳と白い毛が気品ある猫さん。たぶんおんにゃの...

猫町谷中 2013の壱

     秋のやわらかな陽ざしが心地よくなるとふらりと出かけたくなる街がある。     お外で暮らす猫さんを街ぐるみでお世話されていることでも有名で     『猫町』とも呼ばれている東京の下町、谷中。     4年前に訪れた時にたくさん撮った猫さんの写真データをうかつにも     どこかに失くしてしまったようで、哀しくなってしまったのもあって     久しぶりに谷中散策に出かけてみた。      ...

いにしえ

    お彼岸の時季にいろいろ予定が入っていてお墓参りに行かれなかったので    遅ればせながらも、母と姪にお線香をあげ、花を手向けてきた。      いつも、どなたかがお地蔵様のまわりをきれいにしてくださっている。    お寺のある界隈は川越の本丸御殿に通ずる街道のある宿場町。         そして、いにしえの昔から絶えることなく今も尚    こんこんと豊富に湧く水に恵まれている街。    お...

肥ゆる秋

     本格的に秋らしい気候になってきた。     読書、スポーツ、芸術・・・ いろんな秋があるけれど     朝ご飯を食べ終わったそばから、お昼ご飯のことを考えてるくらい     食い意地がはっているワタクシは、なんといっても食欲の秋。     最近、何を食べても美味しくてたまらないし、すぐにお腹がすく。       今年の7月にできたばかりという 松庵文庫 というカフェを     地元の情報を発...

猫と珈琲。

          友人から聞いていて一度行ってみたかった、猫がいる喫茶店 ポロン亭 を     初夏のような陽気の三連休のある日、訪ねてみた。                 場所は天沼八幡神社のななめ向かいあたり。       あ、君が噂に聞いていた”ぶんた君”かな。     こんにちはー。大人しくっていいコだね。       先代のオーナーさんが亡き後を姪っ子の方が継いでらっしゃるという店内は ...

花の無い果実

     ハロウィンなんてイベント、ワタクシが子供の頃にはなかったのに     いつからこんな10月の風物詩みたいになったんだろう。     街はどこもかしこも、かぼちゃ色。              日ごとに熟れる実の重さに枝もしなっていく柿の樹。                     今年も小さいまま黄色くなってしまったニガウリ。       庭の木犀がつぼみをつけて、鼻腔をくすぐるようにな...

曼珠沙華の里 食べ物篇

     曼珠沙華の里 2013年。     もう飽きたからいい加減、猫をだせ!     とお嘆きの貴兄ももう少しお付き合いをば。       西武秩父線の高麗駅を降りたって、曼珠沙華の里のある巾着田までは     徒歩で15分ほど。 その道中には地元の農家の方が特産物で作られた     漬け物や栗の渋皮煮や梅干しなどを売られているので     いろいろ購入して、曼珠沙華を眺めながら食す、という算...

曼珠沙華の里 四足篇

     前回 のつづき。     ここを訪れてくださる方の多くは動物好きだったり     実際、犬や猫と一緒に暮らしてらっしゃる方々ばかりなので     曼珠沙華の里(埼玉県日高市の巾着田)で出会った四足くん篇をば。          天才!志村動物園でDAIGOと旅を共にした、とかの、さくらちゃん。     (ワタクシは視聴していないので、この日初めて知った。)           わんこ そ...

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中