柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Archive [2013年09月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

曼珠沙華の里 2013

     昨年につづき、曼珠沙華の里を再訪。 昨年の記事は ⇒ こちら          今年もサイレントで。                                                                          つづく。...

山ガール その弐

     以前、山登りに夢中になったことがあって     夏の白馬岳に登った想い出を7月に書いたのが ⇒ こちら       テレビやネットのニュースで北海道の山が染まりはじめたと聞いて     また懐かしくなって、押し入れの段ボール箱からアルバムを探してきた。       9月は毎年たいがい2回の3連休があるので、その間の平日に     有休を4日もらって大雪山系の山旅に何度が登りにいったことが...

うたかたの

     近所の廃屋の庭にも曼珠沙華が咲き始めた連休の一日     布もの作家の ヒコチコさん がプチ個展をされている高円寺までおでかけ。              おそらく古いアパートを改装したと思われるウタカタカフェは     たしかオーナーご夫妻が手がけたっておっしゃってたかな。       猫好きなヒコチコさん、猫はもとよりウサギや犬、くまなどのぬいぐるみや     巾着にバッグ、マグネット...

続・初秋のマカドハウス

     前回のつづき。     バスを降りてマカドハウスへと歩いている時に出逢った茶シロ猫さん。            痩せていてノラさんっぽいから近づいたら逃げちゃうかと思いきや     おばちゃん達にずんずん近寄ってくるので、もしかしたら     この会社の運転手さん達からごはんをもらっているのかもしれない。     事故には気を付けるんだよ。                        ...

初秋のマカドハウス

    3連休中日のきのう。    雨脚の一番ひどい時間帯に、びしょ濡れになりながら駅へと向かう。    遊歩道のピンクの花は猿もすべるほど幹がツルツルしているからサルスベリ    また、夏のあいだずっと咲いているところから、和名は百日紅。      横浜の本牧間門の古民家で、保護犬のためのバザーやライブを催している    マカドハウス へ友人二人と3度目の訪問。      ちなみに1度目の訪問は...

椅子と鳥

     普段はあまり外食しないけれど、このところ少し気温も下がってきて     久しぶりに街を散策したい気分になってきたので     食材の買い出しがてら自転車こぎこぎ西荻窪へ。       前から気になっていたカフェ ことりや さんで一休み。     左上はサクラ文鳥の海老蔵さんとすみれさん。     右下はウズラの仲間で姫ウズラ。こんなに小さくても成鳥なのだとか。       夕方の誰もいない...

夏惜しむ

     夏がニガテだの、暑くてたまらないだの、夏の疲れがでてきただの     あんなにも毎回のようにぐだぐだ言ってきたのに     いざ急に涼しくなると寂しくなるなんて、人間とはかくも勝手たるや。       ということで。     夏の旬の果物 無花果(イチジク)と桃が甘いうちに     コンフィチュールを作ることにした。     材料はたったこれだけ。       大きめの桃1個とイチジク4...

夜長の月

     九月になったな、と思ったらあっという間に五日もすぎてしまった。       陰暦でいうところの『長月』の由来は、日いち日ごとにだんだん夜が長くなる     『夜長月』からきているらしい。       ほかにも、雨が多く降るから『長雨月』とか     稲刈りの始まる時季から『稲刈月』『稲熟月(いなあがりつき)』     『穂長月』なんていう豊作を願うとされたという説もあるんだとか。    ...

北の国から

     いつもブログを通じて仲良くさせていただいている友人から     素敵なポストカードがたくさん届いた。       これらの写真を撮られたのは、四季折々の美瑛の風景や     大きな瞳が可愛いお孫さんの写真をブログに毎日綴られている     ノリかめさん。 ブログはこちら⇒ ほのぼのノリかめ日記       毎日のようにブログを拝見していると、当然旅ごころがうずき     風来坊の血がさわ...

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。