柊の庵

小さな庵から花、旅、食、猫のことをつらつら綴る他愛もない日記。

Category [キルトフェスティバル ] 記事一覧

四季と黒目

  2017年 第16回東京国際キルトフェスティバル  今回のキルト大賞の作品(↓)  こちら(↓)は うろ覚えだけど和柄部門だったかな  部門第2位の作品  キルトフェスティバルを観るのは4回目だけど 毎回感心するのが  テーマの選択・構図の複雑さ・色彩の組み合わせの匠さ・縫い目の丁寧さ  気のせいかも知れないけれどいつもにも増して  海外からキルターが多く来場されて  みなさん 日本人の作品を熱心に...

マイクから針へ Vol.4

  柊庵の新年会と順序が逆になってしまったけど  2週間前のとある日  『 第16回東京国際キルトフェスティバル 』 へ行ってきた  今は失業中だし 折角だから空きはじめる夕方に作品をゆっくり観たいと思って  平日の3時すぎに東京ドームに着いたら まだまだ人でいっぱい  キルトフェスティバルを観させてもらうのも4回目ともなると  毎年 個性的なキルトを出展されている方の作風やお住まいの県や  お名前をな...

マイクから針へ Vol.3

    今年もたのしみにしていた 『 第15回 東京国際キルトフェスティバル 』 へ    すばらしい作品に目まいをおぼえながらも しっかりと堪能してまいりましたよ      東京ドームという広い会場で 見たいブースは数あれど    パソコンのキーボードで 「 エム・オー・エム・オー・イー 」    と打つことすら未だにドキドキしてしまう といふ    昔からずっと憧れ続けている あのお方のキルトを見ないこと...

マイクから針へ Vol.2

     2015年が明けて早や3週間     指折り数えて心待ちにしていた祭典がやっと幕を開けたので     平日に有給休暇をもらって 東京ドームまででかけてきた       ちなみに昨年の様子の記事はこちら ⇒ 『 布と針と糸と 』        平日にもかかわらず この人ごみ    特に 正面の入り口から階段を降りて 少し右側の矢印を付けたあたりは    まさに奥さま方でごったがえすバーゲン会場の...

マイクから針へ Vol.1

    前々回、前回からのつづき。      浅草の街歩きと昼飲みを満喫しすぎてしまって、気がつけば時刻は3時。    いけない、浅草でこんなのんびりしているわけにはいかないんだった。    この日の本来の目的は東京ドームで開催されていた    『第13回東京国際キルトフェスティバル』を見るためなんだから。      東京ドームという広い会場の一番目立つところに飾られていたのが    今年の『キル...

ご案内

プロフィール

鳴兎

Author:鳴兎
猫と酒と旨い肴と本が傍らにあれば
ほぼご満悦な日々。

最新記事

いつでも里親募集中